白鵬「やることはやった」かち上げなど意識して封印

白鵬「やることはやった」かち上げなど意識して封印

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

友綱部屋に出稽古し、魁聖(左)を寄り切った白鵬

横綱白鵬は張り手、かち上げ封印で初場所前の本格的な稽古を締めた。

11日は友綱部屋に出稽古し、前頭魁聖、十両旭秀鵬、山口を相手に計13番で全勝。横綱審議委員会から苦言を呈された、立ち合いの張り手、かち上げは1度もなかった。稽古後「やることはやった」と、立ち合いの癖を直すために、意識してきたと強調。それでも「相手によって立ち合いは変える。ふたを開けてみないと分からない」とも話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鶴竜 泰然全勝!一人横綱なんの、全て受け入れ土俵に「集中」
東国原、八角理事長に辞職勧告「この方こそ辞職を願い出すべきである」
5場所連続休場の醜態を見せた横綱・稀勢の里はもう引退すべきなのか?
稀勢、やっぱり5場所連続休場...場所後の横審「進退」議題確実
相撲協会は伝統に「あぐら」をかいている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加