マンネリ回避!ハンバーグの付け合わせにおすすめの『副菜』レシピ大公開♡

マンネリ回避!ハンバーグの付け合わせにおすすめの『副菜』レシピ大公開♡

  • folk
  • 更新日:2020/02/14

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピ☆

毎日献立を作るとき、月の中でハンバーグの登場回数がかなり多いのではないでしょうか。意外と簡単に作れて豪華に見えるため便利な料理ですよね。しかしいつも同じ付け合わせになってしまうと言う時は、今から紹介する副菜を参考にしてみてください。マンネリを脱出するために新しい副菜を見つけ、食卓に新しい風を吹かしましょう。忙しい人でも簡単に作れるものばかりなのでぜひ試してみて!

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピ《炒め》

ハンバーグに!白菜とえのきのマヨ明太炒め

この料理は白菜とえのきを一緒に炒めていく副菜となります。味付けは明太子とマヨネーズを使用しているためみんなが大好きなテイストとなるでしょう。和風ハンバーグのおかずにも合わせやすい服歳なのでぜひ作ってみてくださいね。またトッピングに塩ゆでしたブロッコリーを添えて栄養価を高めていきましょう。しっかり炒めている分、白菜とえのきがしんなりとしてとても美味しくなっています。

ハンバーグの副菜にきゅうりと小エビの香り炒め

このレシピは輪切りしたきゅうり一緒に小エビも合わせることで、とってもうまみがある副菜となります。おうちにあまりがちな乾燥した桜エビを使用しても良いですね。ハンバーグと一緒にトッピングする副菜には、野菜がたっぷりあった方が良いのでこの料理を作って合わせてみてください。作り置きするときは水分を一緒に飛ばすように炒めてから保存すると良いでしょう。

ハンバーグに!ブロッコリーとちくわのきんぴら

ブロッコリーの茎の部分を使用したこの簡単なきんぴらは、食感がとてもよく栄養満点な副菜となります。ハンバーグ料理のメニューにこの副菜があればうまく栄養バランスが取れそうですね。ブロッコリーを捨てることがないと言うくらい栄養が詰まった食材なので、ブロッコリーの皮の部分も一緒に使用して炒めてみてはいかがでしょうか。またちくわの甘みが良い仕事をしてくれて美味しい副菜に仕上がります。

ハンバーグの献立に!キャベツとたらこの炒め物

No image

出典:https://cookien.com/

たらこの旨味と塩分を調味料にしたこのレシピはキャベツをたっぷりと一緒に炒めていく副菜です。ハンバーグともう一品副菜を考えたときにこのキャベツの炒め物があればボリューム感も出ておすすめです。じっくりとキャベツを炒めることで甘みが増したらことの相性も抜群ですよ。後はお好みでのりを一緒に合わせていき召し上がってくださいね。

ハンバーグに簡単副菜!青梗菜とえびの炒め物

青梗菜とエビを炒めたこの副菜はしっかりと塩味が効いているおいしい料理となります。プリプリのエビを使用して美味しく召し上がってみてください。洋風のハンバーグにも合う副菜なので付け合わせにプラスしてみてはいかがでしょうか。また青梗菜の根っこの部分も捨てずに使用して美味しく調理してくださいね。その他にも椎茸やキクラゲなどを入れると良いでしょう。

ハンバーグと!青梗菜と桜海老のオイスター炒め

No image

出典:https://cookien.com/

青梗菜と人参の野菜がたっぷり入ったこのヘルシーな副菜は、ハンバーグのお供として活用したい料理です。レシピに桜エビが入っているため良いアクセントになっています。味付けにはオイスターソースを使用していてしっかりとした旨味も感じられる副菜となるでしょう。青梗菜のシャキシャキ感がほんの少し感じられて食べ応えもあります。

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピ《焼き》

ハンバーグのおかずに!鮭ポテ卵のマヨ焼き

この料理は鮭と卵を使用した副菜で、みんなが大好きなマヨネーズをかけて焼いていく作り方です。ハンバーグを作ったときの献立に加えると満足できる組み合わせになるでしょう。あらかじめ半熟卵を作っておき鮭と一緒に合わせて焼いてみてください。こんがりと焼き色がつくまで焼きあげれば、マヨネーズの香ばしい味わいが楽しめます。仕上げにパセリをちらして召し上がりましょう。

ハンバーグにもう一品!白ねぎの味噌マヨ焼き

ハンバーグだけでも充分満足できるのですが、見た目的に少し寂しくなってしまうので簡単に副菜を作っていきましょう。白ねぎに味噌とマヨネーズを合わせて塗りつけ、魚グリルなどで焼いていくレシピとなっています。じっくりと弱火で焼いていくことで長ネギの甘みも引き出され絶品の副菜となります。味噌は少し焦げやすいので火加減に注意しながら作ってくださいね。

ハンバーグの献立にしたい!具だくさん卵焼き

この料理はいつもの卵役にアミエビやネギを加えた具だくさんの卵焼きになります。エビのエキスが旨味を増しておいしい副菜になりますよ。卵焼きとハンバーグがあればちょうど良いボリューム感となり、満足できる食卓となるでしょう。卵焼きの作り方はそれほど難しくないので四角いフライパンで作ってみてくださいね。だしの分量も考えながら作ると良いですよ。

ハンバーグのメニューに!甘辛大根ステーキ

No image

出典:https://cookien.com/

大根を輪切りにして甘辛く焼いていくこのレシピは、とてもヘルシーに食べられる副菜です。先に大根をレンジで加熱しておくので、焼いていく時間はそれほどかかりません。ポイントはしっかりと大根に火を通してから調味料を合わせてくださいね。先に調味料を入れて味付けしてしまうと焦げてしまう可能性があるので、仕上げに調味料と絡める程度にしていきましょう。カロリーも少ないのでハンバーグと良い組み合わせになります。

ハンバーグと!キャベツとベーコンのオーブン焼き

No image

出典:https://cookien.com/

キャベツにベーコンを挟んで簡単に焼くだけなのに、なぜかおしゃれに見えてしまうこの料理はおもてなしにも使える副菜です。ハンバーグを作る時にもう一品欲しいという時に役立つ料理となるでしょう。ベーコンの油がキャベツに回り、とても美味しくしてくれます。ひとりで4分の1個は軽く食べられるくらいの副菜ですよ。献立に困ったときはぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

ハンバーグのメニューに!厚揚げの甘辛ゴマ焼き

No image

出典:https://cookien.com/

厚揚げを購入したものの、どのように調理すれば美味しくなるのかわからないというときはこの副菜を作ってみてはいかがでしょうか。和風のハンバーグにもよく合う料理なのでおすすめですよ。ゴマの風味もたっぷりと感じられて、とても美味しく召し上がれるでしょう。ネギをたっぷりと散らしてアクセントをつけてくださいね。甘辛いタレなのでお箸が進みます。[mobile][toc][/mobile]

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピ《煮物》

ハンバーグの副菜は簡単に!ツナと大根の煮物

No image

出典:https://cookien.com/

ツナを使えば大体の料理が美味しくなるので、万能な食材ですよね。この料理は大根をじっくりと煮込んでいくので、味がよく染み込んで絶品の味わいとなります。大根は先に少しだけレンジで加熱をして柔らかくしていきます。煮込む時間は20分くらいありますが、放置料理なのでその間にハンバーグを作るのも良いでしょう。ツナが美味しい調味料となってくれています。

ハンバーグの副菜レシピ!切り干し大根の煮物

No image

出典:https://cookien.com/

切り干し大根はおうちであまりがちな食材なので、たくさん消費したい時にハンバーグのおかずと一緒に合わせた献立作ってみてはいかがでしょうか。人参も同じくらいの細さにきり、野菜を摂取していきましょう。優しい味わいに仕上げているので、ハンバーグのようなしっかりとした味わいによく合います。油揚げも入れてボリュームを出してくださいね。

ハンバーグにもう一品!さつまいものレモン煮

No image

出典:https://cookien.com/

さつまいもを甘酸っぱく仕上げていくこの副菜は、ハンバーグの箸休めとしても活躍できる料理です。これなら子供も喜んで食べてくれるので、献立にプラスしてみましょう。またたくさん作っておけば子供のおやつ代わりとしても活用できますよ。さつまいもの皮がついたほうが見栄えも良いですが、皮は食べたくないという人はそのままむいてしまっても良いでしょう。

ハンバーグの副菜に!白菜と厚揚げの簡単甘辛煮

No image

出典:https://cookien.com/

白菜がとろりととろけるような食感になるこの副菜は、厚揚げと合わせて甘辛く仕上げていくレシピです。材料は全てフライパンの中に入れて煮込んでいくだけですが、鍋で煮込むよりも早く火が通り時短につながります。厚揚げは食べやすい大きさに切って見栄えをよくしてみてください。ハンバーグとこの副菜はボリューム的にもちょうど良いのでおすすめの組み合わせです。

ハンバーグの献立はヘルシーに!なすの生姜煮

No image

出典:https://cookien.com/

生姜をたっぷりと使用したなすの副菜は、ハンバーグと一緒に合わせたい料理です。先になすをフライパンで炒めてから煮込むと味が染み込みやすく、とろっとした食感になりますよ。この副菜は時間が経つと生姜の色は紫に変色しますが、美味しさは変わりません。切り込みを入れることで味が染み込みやすくなるので、たくさん包丁で切り込みを入れておきましょう。

ハンバーグメニュー!さつま揚げとかぼちゃの煮物

No image

出典:https://cookien.com/

かぼちゃとさつま揚げは甘めの食材なので、調味料はほんの少しで足りる副菜となります。かぼちゃは皮の部分が固いときは少し切って食感を大切にしてみてください。和風の献立にしたいときは、ハンバーグとこの副菜を合わせて美味しく召し上がってくださいね。この料理は素材の味が楽しめるものとなっています。かぼちゃは少しレンジで加熱すれば切りやすくなりますよ。

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピ《和え》

ハンバーグのおかずと!コールスローサラダ

ハンバーグの献立に入れたいというときは、コールスローのような野菜たっぷりの副菜がもう一品あると良いですね。栄養バランスも取れて安心できる組み合わせになるでしょう。味付けもマヨネーズ風味なのでみんなが食べやすい料理となっています。時間が経つと水分が出てしまって、味がぼやけてしまうのでしっかりと水分を切ることが大切です。お好みで胡椒をかけて召し上がってくださいね。

ハンバーグの副菜にブラックレーズンのポテサラ

簡単にできるこのレシピは、いつものポテトサラダに飽きてしまった時に使える副菜です。ハンバーグとの相性も良く、同じお皿にトッピングしても良いですね。ブラックレーズンが良い仕事をしてくれていて、甘酸っぱいアクセントをつけてくれます。お弁当のおかずとしても活躍できるため、この副菜をたくさん作っておくと良いですね。

ハンバーグに!ほうれん草と韓国のりのナムル

献立にこの副菜があればどのようなおかずにも合わせられるので、とても重宝する料理です。ハンバーグのようなメニューにも当然合うので、付け合わせてみてはいかがでしょうか。ほうれん草には鉄分や葉酸もたっぷり含まれている食材で、女性にとって強い味方になりますよ。また韓国のりの塩気とごま油の風味が感じられるので、思わず一気に食べてしまいたくなる副菜となるでしょう。[delpart]

ハンバーグに!アボカドと納豆のユッケ風ナムル

この投稿をInstagramで見る

アボカドや納豆、しらすが入ったこのヘルシーな副菜は、ハンバーグの献立にぴったりな料理となります。ハンバーグは美味しいのですが、それだけだと栄養が偏ってしまうため、栄養バランスの良いこの副菜を合わせてみましょう。卵黄も加えて混ぜ合わせていき、クリーミーに食べられます。また納豆のねばねば感がよく効いていて、体の中に染み込んでいきますよ。[/delpart]

ハンバーグの副菜に!豆もやしと油揚げのラー油和え

No image

出典:https://cookien.com/

あっさりと食べられるこの副菜は、ラー油を入れて少しピリ辛に仕上げているレシピです。煮込みハンバーグのようなこってりしたおかずとの相性も良く、もりもりと食べられるでしょう。この副菜は節約料理にもなるので、月末など家計が苦しい時にも役立ちます。時間がある時はもやしのヒゲを取ると雑味がなくなるのでおすすめです。

簡単に!たこときゅうりのつゆだく酢の物

酢の物系の料理はとてもヘルシーに食べられるので、毎日の献立に役立つものとなります。食べ応えのあるたこも使用しているので、ボリューム感も出るでしょう。きゅうりやカニカマなども入れて具沢山な副菜に仕上げてみてくださいね。ハンバーグと酢の物があればとりあえず安心できる献立になります。お酢は毎日食べたいくらいの健康食品なので、色々とアレンジして使いましょう。

ハンバーグの献立に簡単な副菜レシピを作ろう

みんなの大好物の上位に入ってくるハンバーグは、子供たちからのリクエストが多くなる料理ですよね。副菜は栄養のある野菜をたくさん使ったものを合わせることで、うまくバランスが取れます。これらの紹介してきた副菜は、どれも美味しく食べられて簡単にできるものばかりなので、ぜひ真似をして挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
緑のおかずがほしいときに!「ブロッコリーのマヨ炒め」バリエ
日清カップヌードルを使ってチャーハンをつくる→超簡単&絶品激旨だと話題に
超簡単『注ぐだけスープ』のレシピ 3品
電子レンジで速攻作れる「スノーボール」味バリエ6選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加