稀勢の里偉業に挑む 横綱5人目3連続休場からV

稀勢の里偉業に挑む 横綱5人目3連続休場からV

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

ファンにサインをしながら引き揚げる稀勢の里(撮影・岡本肇)

大相撲の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が、偉業に挑戦する。九州場所は今日12日、福岡国際センターで初日を迎える。3場所連続休場中の稀勢の里は11日、同所で開催された土俵祭りに参加した。年6場所制が定着した1958年以降で、3場所以上連続で休場した横綱は過去18人おり、休場明け後に出場した場所で優勝した横綱は4人だけ。横綱として初めて迎える九州場所で、09年初場所の朝青龍以来5人目の“復活優勝”を目指す。

土俵祭りを終えた稀勢の里の表情は落ち着いていた。「身が引き締まる思い。平常心で明日迎えられれば」。秋場所での自身初の全休を含む、3場所連続休場中だが不安は一切ない。そして「しっかり集中してやるしかない」と言い聞かせるように言った。

全休明けの稀勢の里について、八角理事長(元横綱北勝海)は「初日は難しい。自分の相撲を取り切れるかどうか」と案じた。自身もけがによる3場所以上の連続休場を2度経験。そのうち1回は、初日から14連勝して優勝を果たしている。当時を「『勝つしかない』と開き直ってやりました」と振り返り「自分にプレッシャーをかけずに本場所を乗り越えればいい。次の場所が勝負」とアドバイスを送った。

春場所で負傷した左上腕付近も、名古屋場所で負傷した左足首も順調に回復してきた。秋巡業も完走して、福岡入り後も関取衆相手に稽古を積んだ。だからこそ「良い状態で九州に入った。しっかり準備ができた」と自信をのぞかせた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)も「順調にきてると思う」と背中を押した。

初日、2日目の取組相手の印象を聞かれた稀勢の里は「集中してやる」と2度繰り返した。優勝、という言葉を自らは口にしないが、多くのファンが待ち望んでいる。58年以降で過去4人いる、3場所以上の連続休場明け後の優勝に向けてまずは今日、節目の幕内700勝で復活ののろしを上げる。【佐々木隆史】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴ノ岩 巡業離脱申し入れていた...新証言!ビール以外の瓶で殴打
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
日馬富士、年内に引退へ 貴ノ岩も引退濃厚...貴乃花親方に理事引責辞任の要求高まる
白鵬が初黒星「待った」効かず、自ら手を挙げて“物言い”も軍配通り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加