T・クルーズがスタント撮影復帰、ビルから飛び移る

T・クルーズがスタント撮影復帰、ビルから飛び移る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

トム・クルーズ(2016年11月8日撮影)

昨年8月、ロンドン市内で新作「ミッション:インポッシブル6(仮題)」のスタントシーンを撮影中にケガを負ったトム・クルーズ(55)が、同スタントシーンの撮影を再開した。

米情報サイトTMZの報道によると、テムズ川の上でスタントシーンを撮影するため、ブラックフリアーズ橋を通行止めにし、ヘリコプターからカメラを回し、シーンの撮影が行われていたという。

同サイトは、「クルーズは高いビルの窓から飛び降り、ブラックフリアーズ駅のガラスの屋根を走り、ビルからビルへと飛び移るシーンを今度はうまくこなしていたようだ」と報じている。

8月に行われた撮影では、向かい側のビルに飛び移ろうとして失敗。同サイトが公開した動画には、体に命綱をつけたクルーズが着地に失敗し、建物の壁に激突した様子が映っていた。なんとか建物の屋上にはい上がったクルーズだが、足を引きずり歩いた後、しばらくその場に膝をつき、うずくまっていた。

クルーズが足首を負傷したため、10月に終了予定だった撮影が延長されたが、製作者側がその後、今年7月とされている公開予定日に影響はないと発表した。

クルーズ本人が演じる超絶スタントが目玉となっている同シリーズだが、シリーズ6作目となる今作品は、昨年4月にパリ市内でクランクインした。(ニューヨーク=鹿目直子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
禁断のラブシーン!本編映像公開!『ルイの9番目の人生』
1月21日の注目映画第1位は『不能犯』
渡辺謙ハリウッドで実写化「名探偵ピカチュウ」出演
コリン・ファース、ウディ・アレンとの仕事拒否
何ちゅう発想! 鉛筆の音だけで『スター・ウォーズ』のテーマ曲を奏でる動画が天才すぎる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加