柴崎、バルサからリーガ1号!前半39分美しすぎる先制ボレー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1―2バルセロナ(2017年9月16日)

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(25)が16日、スペイン1部での記念すべき初ゴールをバルセロナ戦で決めた。前半39分、ペナルティーエリアのやや外側からだ。頭上に大きく浮いたこぼれ球に対しダイレクトで左足一閃(せん)。利き足とは逆足で放った豪快なシュートはゴール右上に突き刺さった。

次の瞬間、本拠は優勝したかのような騒ぎとなった。柴崎が衝撃を与えるのは2度目。昨年12月、クラブW杯決勝のレアル・マドリード戦では2得点を決め、その名を欧州にとどろかせた。日本人のバルセロナ戦での得点は今年5月、エイバルのMF乾以来。スペイン“2強”からの得点はもちろん初の快挙だ。

1月にスペイン2部テネリフェに移籍、今夏から加入したヘタフェでは4戦連続の先発。5日には日本代表としてW杯最終予選サウジアラビア戦にも出場した。それでも「次の試合に出られる保証はない。一試合一試合危機感を持ってやっている」と話す。厳しい環境が柴崎の成長をさらに加速させている。

1―0で迎えた後半6分、アクシデントが発生。柴崎が左足甲の辺りを押さえながらピッチに座り込んでしまった。そのまま無念の途中交代。スペイン全土に強烈なインパクトを残した柴崎だったが、試合もその後、逆転され敗戦。突然、異変を訴えた左足の状態が気にかかるところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
賛否両論が渦巻く岡崎の“泥臭い一撃” 英紙は「今節ベストショット12選」で紹介
酒井宏樹の評価が急上昇! 「鋭く、豪快で、美しい」とベスト11選出の全国紙が絶賛!
ネイ移籍以降 PSGが火事場
“黄金の左足”は健在! 英雄ギグスの豪快ボレー弾を英紙絶賛「現役時代がフラッシュバック」
「オカザキに自由を奪われたんだ」 リバプール守護神が強く主張する“ふたつの誤審”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加