ANAら、ドローンで海を渡りアワビやサザエを玄界島から直送する実証実験を実施

ANAら、ドローンで海を渡りアワビやサザエを玄界島から直送する実証実験を実施

  • MdN
  • 更新日:2019/08/02
No image

飛行ルートイメージ

ANAホールディングス株式会社、LINE Fukuoka株式会社、株式会社自律制御システム研究所、株式会社NTTドコモ、株式会社ウェザーニューズの5社は、ドローン宅配サービス実現に向けた検証として、玄界灘、博多湾に面する玄界島において、海産物をドローンで運搬する実証実験を行った(7月30~8月2日に実施※8月2日は予備日)。

実験では、玄海島から玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)を海を渡ってドローンを飛ばし、福岡県福岡市西区玄界島ヘリポート(同西区小田ざうお本店)と同西区能古島キャンプ村横の砂浜に輸送した。

各会場でバーベキューをするユーザーに対し、新鮮な島産の海産物を届けるもので、ANAは「ドローンの運航管理」、LINE Fukuokaは「物流における注文・決済機能の提供」、ACSLは「機体の提供および運航サポート」、ドコモは「ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供、およびdocomo skyの運航支援基盤による上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援」、WNIは「気象情報サポートと有人航空機」、福岡市は「検証対象となる地域及び関係者との調整等」を行う。

ドローン宅配サービス実現は様々な障害やトラブルに対応する必要があり、今後も実現にむけて実証実験を重ねる予定だ。

発表資料
URL:https://www.ana.co.jp/group/pr/201907/20190729-3.html
2019/08/02

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全米の大学を席巻中の「出前ロボット」スターシップの躍進
20万台突破! 世界が乗りたい電動SUVはPHEV
建設業界の労働時間の満足度が高い会社ランキング、3位大林組、2位鹿島建設、1位は?
【日産 マーチNISMO S 700km試乗】想像をはるかに超えた痛快コンパクトハッチだった
日立製作所、重電企業から巨大IT企業へ変貌...“ルマーダ最重視”経営で容赦なきグループ解体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加