逆転負けの広島、投手陣崩れ3連敗 福井が5回二死から6失点、自身も3連敗

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/08/11

● 広島 2 - 9 巨人 ○
<18回戦 マツダスタジアム>

巨人は先発・田口が2失点完投で、2年連続の2ケタ10勝に到達。広島は投手陣が計9失点と崩れ、9日の中日戦から3連敗となった。

広島は巨人先発・田口に対し、初回、2回といずれも先頭打者を出しながらも無得点。拙攻が目立った前カードの中日戦に続き重苦しいムードとなったが、4回は先頭の2番菊池が二塁打で出塁したあと、一死から4番鈴木が、先制の25号2ランを左翼席へ運んだ。

5月21日(中日戦)以来の先発・福井は、走者を出しながらも4回まで無失点。2-0の5回も先頭打者を出しながら二死まで漕ぎつけたが、その後、安打と四球で満塁とされたあと、4番阿部に走者一掃となる逆転適時二塁打を許した。

福井は続く村田にも一塁線への適時二塁打を浴びると、その後も安打を連ねられ、7番亀井の中前適時打で5失点目。あと一死が奪えぬまま降板すると、代わった中田が9番田口に右前適時打を浴び、福井は計6失点で3敗目(1勝)を喫した。

広島は6回にも、3番手のヘーゲンズが乱れ3失点。中盤の2イニングで計9点を失い、完全に試合の主導権を手放してしまった。打線は5回以降、再び田口に封じられゼロ行進。この日も投打が噛み合わない試合運びで、引き分けでマジックが初点灯した8日の中日戦以降、これで4戦未勝利となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
DeNA、プロ野球史上初の3連発サヨナラ勝ち
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
東海大菅生の夏終わる...9回同点も延長11回力尽く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加