ボロボロの1万円札で総額1億円が段ボールに...

ボロボロの1万円札で総額1億円が段ボールに...

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/02/14
No image

動画を見る(元記事へ)

愛媛県知事宛てにボロボロになった大量の1万円札が段ボールに入れられて届けられていた。その額は約1億円。誰が何のために、謎が謎を呼んでいる。

まるで遺跡から発掘された遺物のようだ。あるものは湿気を含んだように波打ち、変色し、また、あるものは互いにくっ付いてブロック状になっている。裏面には鳳凰(ほうおう)ではなく、キジが描かれていることから現行の1万円札ではなく、1984年から2007年までに発行された1万円札とみられる。合わせて約1億円分。
愛媛県庁に、これら現金の入った段ボールが届いたのは先月29日。知事宛てで差出人の記載はあったものの、同封されていた手書きの手紙にはそれらの住所、氏名は架空である旨、わざわざ記されていたという。そして、現金については「役立ててほしい。そっとしておいてほしい」といった内容が書かれていた。何か使うに使えない事情があったのだろうか。
1万円札の劣化具合からは長年、保管に適さない場所に置かれていたことが想像できる。また、そっとしておいてほしい、その言葉からも訳ありの背景がうかがえる。だが、受け取った知事の解釈は…。
愛媛県・中村時広知事:「ずっとコツコツ長年にわたって蓄えられたものなんだなと…」
県では日本銀行で交換したうえで、西日本豪雨からの復旧、復興など県民の福祉に役立てることを検討している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「生活費のため」...58歳女が自分の裸をライブ配信か
マクドナルドよお前もか! 人件費を削ったツケか、バイトの不適切動画が止まらない
都合のいい時だけ「反対運動」で遊ぶんだな......違法ダウンロードでマンガ・小説も刑事罰への道程
元プロボクサー、カラオケリモコンで元力士殴打 心肺停止で搬送され死亡
「これから死にます」と110番通報 警察が見た「衝撃の光景」に悲鳴相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加