墓地を徘徊するロボットが怖い

墓地を徘徊するロボットが怖い

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2016/11/29
No image

中国ではレストランのウエイターロボットや刀削麺ロボットなど、一風変わったロボットが登場しては話題になるが、このたび、墓地をパトロールするロボットが新たに登場。ネットでは「怖すぎる」「怖すぎていいかも」と賛否両論だ。

その他の大きな画像はこちら

中国メディア・中国青年報などによると、この“警備ロボ”が登場したのは今年10月、勤務地は河南省洛陽市の墓地。同墓地は2011年、女性8人をパトロール要員として雇ったが、今回新たに導入された“警備ロボ”は、彼女たちとともに墓地内をパトロールし、警護に当たることを目的としている。“警備ロボ”はリヤカーを引いており、人を乗せることもできるという。

しかし、ロシア帽と警備服を身にまとった“警備ロボ”はいかつい顔立ちで、ネットでは「怖すぎる」「夜中には絶対に遭遇したくない」と厳しい声が噴出。一方で「警備は相手に恐怖感を与えることこそが大事」「これでこそ警備員だ」など、その風貌の恐ろしさがかえって業務遂行にプラスになるという意見も多い。

中国では墓荒らしが絶えず報告されており、そうした被害から守るために導入された今回の“警備ロボ”だが、果たしてその恐ろしい風貌を武器に任務を全うすることができるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イタリア、4日に改憲問う国民投票 全土にメディア規制
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!
南米で「浮遊する不思議な島」が発見される! 完璧な円形を描く島は人工的に切り取られた可能性も!?
自由貿易を推進するアメリカでなぜTPP懐疑論が出るのか
16歳少年、浮気相手の男性を斬首 頭部を彼女に届ける(露)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加