【南関東競馬】リコーワルサー 3馬身差でV  全日本2歳優駿の優先出走権獲得

【南関東競馬】リコーワルサー 3馬身差でV 全日本2歳優駿の優先出走権獲得

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

直線で力強く抜け出して重賞初Vを決めたリコーワルサー

「鎌倉記念・S3」(11日、川崎)

7番人気のリコーワルサーが3角手前から仕掛け、後続に3馬身差をつけて重賞初制覇。全日本2歳優駿(12月13日・川崎)への優先出走権を獲得した。2着は2番人気のマッドドッグが粘り、3着は5番人気のゴールドパテックが食い込み、ローレル賞(11月7日・川崎)への優先出走権を獲得した。

この秋の南関東で初の2歳重賞を制したのは、負傷で約3カ月間の休養から9月末に復帰したばかりの森泰斗が騎乗したリコーワルサーだった。

スタートがもっさり出て向正面の入り口では中団より後方のポジション。しかし「このままだったら、勝負どころで4~5頭分外に振られてしまう」との判断で一気に仕掛け、3、4コーナーでは逃げるマッドドッグの外に並びかけるロングスパート、最後の直線もそのまま一気に突き抜けて3馬身差の快勝だ。

「ちょっと早いかと思ったけど、イチかバチかの仕掛けだった。能力の高い馬で、これまで乗っていたジョッキーがよく競馬を教えてくれていた」と冷静に振り返った。復帰してから、なかなかいい結果が出ていなかっただけに「この勝利を機にまた頑張りたい」と完全復活を誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
中国の高速道路サービスエリアのトイレが今、あり得ないことになっている=中国メディア
バカリズムが「クズだからテレビ出られてる」と斬り捨てたタレントとは?
筧美和子、豊満バスト押し付け急接近 密着腕組みで「もはや服着てない」「かなり良質」視聴者の妄想掻き立てる<フリンジマン第3話>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加