関門トンネルに3時間以上 電車故障で立ち往生

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/09/15

2017年9月14日夜、JR山陽線の下関‐門司間にある海底トンネルの関門トンネル内で、行橋発下関行き普通電車(4両編成)が故障し、約3時間立ち往生した。

モーターの不具合が原因とみられ、別の車両に牽引されて門司駅に引き返した。このトラブルによって他の電車に運休や遅れが生じたが、乗客にけが人や体調不良を訴えた人などはいなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ40~50代男性は自殺するのか?身近の元気な人が突然自殺、こんな兆候は危険
ゲームを邪魔され激高?母親の目の前で父親“刺す”
世界の海上保安官が東京で初の飲み会?→”例の国”への対応です
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
川で不明の男の子 見つかるも心肺停止 千葉・柏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加