高橋大輔のSP振付は、ビヨンセも担当のシェリル・ムラカミ「飛び立てダイスケ!」

高橋大輔のSP振付は、ビヨンセも担当のシェリル・ムラカミ「飛び立てダイスケ!」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/16
No image

今季のSPを発表した高橋大輔(左)と、振り付けを担当した中央左からシェリル・ムラカミ、ユウコ・カイ、ミーシャ・ジー=提供写真(C)USM

フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリストで、昨季4年ぶりに復帰した高橋大輔(33)=関大KFSC=が14日、自身の公式サイトで、今季のプログラムを発表した。ショートプログラム(SP)は、The Fall Out Boy作曲の「The Phoenix(フェニックス)」。フリーは昨季の「ペール・グリーン・ゴースト」を引き続き滑る。

振り付けはビヨンセなどの振り付けを行ってきた世界的ダンサーのシェリル・ムラカミ氏に依頼。同氏は高橋の所属事務所を通じてコメントを発表し、「ダイスケは優秀なアスリートであるだけでなく、とても特別な才能を持ったアーティストである事を身をもって感じました。フィギュアスケートという得点や順位を競うことが最も重要視される世界の中、表現者としても活躍し続ける彼はとても貴重な存在だと感じています。彼は果敢で自分を信じ、常識にとらわれていない・・・信念を突き通し、新たな革命を起こし、更なる成功をとげる存在です。自分の情熱を信じ続ける彼は、私の心を突き動かし、インスピレーションを与えてくれました。そしてアーティスト-としてのあり方を再確認させられました。そんな彼の才能をとても尊敬しています。飛び立てダイスケ!」と、高橋にエールを送った。

プログラムのテーマは「偉大さを持ち再び炎から舞い上がるフェニックス」。元選手のミーシャ・ジー(ウズベキスタン)もプロジェクトに参加している。高橋は「アイディア溢れる振付とスケーティングの技術、初めてのコラボーレーションプロジェクトとなりました。各々の違う視点からのすり合わせは大変だったと思いますが、素晴らしいプログラムとなり、アップテンポで息が切れそうですが、楽しみなナンバーになりました」と、コメントした。

高橋は昨年の全日本選手権2位で、今季は特別強化指定選手に復帰。今後は8月末にアイスショーのフレンズオンアイスに出演を予定。競技会については、現在検討中としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
友野一希が3連覇で高級近江牛ゲット「家族がすき焼きの用意をして待っている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加