ブッフォン、イタリア代表引退を表明。「これが最後の試合だ」

ブッフォン、イタリア代表引退を表明。「これが最後の試合だ」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが代表から引退することを表明した。

現地時間13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ・セカンドレグでイタリア代表はスウェーデン代表と対戦した。試合は0-0の引き分けに終わり2試合合計0-1でイタリアは敗れ、60年ぶりにW杯出場を逃した。

試合後ブッフォンは「私の代表のキャリアが終わってしまい今はとても悲しい」と目に涙を浮かべながら伊メディアのインタビューに答えた。続けて39歳は「私にとってこれがイタリア代表としての最後の試合だ」と代表からの引退を表明した。

1997年10月29日に代表デビューを飾ったブッフォンは2006年ドイツW杯で優勝に貢献するなど約20年に渡りイタリア代表のゴールを守ってきた。なおブッフォンにとってこの日の試合は代表通算175試合目だった。これはイタリア代表の最多出場記録である。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スペインの目利きが見た、欧州遠征「日本代表16選手のプレー評価」
「アルビオン・ウェイ」再構築への道
高徳が選ぶ代表ベスト11...直近招集外の“ビッグ3”からは2人を選出
中村俊輔が“サッカーセンス論”を激白 闘莉王を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
インテルの社長がPUBGをプレイ、そこでまさかの......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加