「トーレスのユニフォームが衝撃的」  鳥栖の“大胆価格設定”にスペイン紙が驚き

「トーレスのユニフォームが衝撃的」 鳥栖の“大胆価格設定”にスペイン紙が驚き

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/07/14
No image

サガン鳥栖への加入が決まったトーレス【写真:Getty Images】

8カ国争奪戦の末にJリーグ入り 約2万円のユニフォームは「全くもって安くない」

元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは現地時間10日、J1サガン鳥栖への加入を発表した。7月下旬にはJリーグデビューの可能性があり、日本のサッカーファンも心を踊らせているが、スペイン紙は新ユニフォームの「金額」に注目を寄せている。

今季限りでアトレチコ・マドリードを退団したトーレスは、中国やアメリカ、オーストラリアからの関心が取り沙汰されてきた。また、鳥栖移籍発表後にはフランス、イングランド、ドイツ、スペインからもオファーがあったことが明らかになり、引く手数多のなかでJリーグ挑戦を決断したようだ。

リバプールやチェルシー、ACミランとビッグクラブで活躍してきたトーレスは、日本での人気も絶大。鳥栖移籍で日本のサッカーファンも沸くなか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「トーレスのユニフォームはすでに販売、値段は143ユーロ! 衝撃的だ」と特集を組み、その金額に驚いた様子を見せている

「トーレスのユニフォームは全くもって安くない。日本のクラブは1万8900円の値札をつけた。それは換算すると、143ユーロになる。この購入額は非常に高いものだ。だが、日本ではそれほど珍しくない金額のようだ。例えば、アトレチコのレプリカユニフォームも、値段はそれほど変わらない。ちなみにサガン鳥栖は、トーレスの子供用ユニフォームも136ユーロ(約1万7800円)に設定している」

日本で販売されているユニフォームの価格は、海外ファンから見ると悲鳴を上げたくなる設定なのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「化粧に夢中で...」 イングランドの敗因は美人妻たち!? 英大衆紙が突拍子もない説を展開
なぜ日本代表は「タトゥー」を入れている選手がほとんどいないの?=中国メディア
問われる熱中症対策...クラセン開催地・群馬は連日「原則中止」基準
マンUの若手DFがギネス記録! 17.36秒という速さでクリア。挑戦したゲームは...
W杯後も投稿のない山口蛍のツイッターに批判が殺到していた? 原因はベルギー戦か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加