ドーン Research Memo(2):地理情報システム(GIS)ソフトウェア開発の草分け

ドーン Research Memo(2):地理情報システム(GIS)ソフトウェア開発の草分け

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

■会社概要

1. 会社概要
ドーン<2303>は、地理情報システム(GIS)を活用したシステムの開発・販売を行う企業である。中央省庁や地方自治体、電力会社などでの採用実績が多く、信頼性の要求されるシステムに定評がある。GISエンジンソフトのライセンス販売や受託開発を長年にわたり事業の柱としてきたが、近年はクラウド型サービスで業績を伸ばしている。

2. 沿革
同社は、1991年に兵庫県神戸市でソフトウェア開発会社として設立された。その後一貫して地理情報システム(GIS)及びその周辺領域で技術力を磨いてきた。警察や消防などを始めとする中央省庁や地方自治体、電力会社や通信会社などでの採用実績が多く、信頼性の要求されるシステムの開発に定評がある。2002年に株式上場(現東証JASDAQ)。クラウド型サービス「NET119緊急通報システム」が全国の消防で採用され、業績に貢献している。

3. 事業内容
事業は大きく 1)ライセンス販売、2)受託開発、3)クラウド型サービスの3つに分類できる。1)ライセンス販売は、GIS構築用基本ソフトウェアGeoBase(ジオベース)の開発 ・ 販売を行う事業である。創業当時のメイン事業だったが、現在は2割以下の構成比に下がった。2)受託開発は、電力会社向けや通信会社向けに特化した用途のGISシステムを受託開発・コンサルティングする。現時点で売上高の5割前後を占める事業の柱である。3)クラウド型サービスは、地図情報・空間情報技術(Spatial-IT)などの情報配信サービスであり、同社がサーバーの運用も担う。ストック型ビジネスであり、中長期的(3年~10年)にわたり安定収入を得ることができる。2005 年以降に開始され、現在では受託開発に並ぶ規模に成長した。今後も自治体向けを中心に飛躍が期待される事業である。なお、商品売上は、受託開発事業に付随するデジタル地図などの売上である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
主婦がモテモテ 獲得合戦の様相
サラリーマン社長の弊害再び、投資機会逃す日本企業
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
これ、絶対楽しい!-スズキがコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」を東京モーターショーに参考出品
化粧品から自動車まで...「粉体処理技術」世界トップ!ある中小企業のスゴい内側
  • このエントリーをはてなブックマークに追加