木村拓哉、新作決定でファンが喜んだ意外な初「こんな事無かった...」「誇れる仕事っぷり」

木村拓哉、新作決定でファンが喜んだ意外な初「こんな事無かった...」「誇れる仕事っぷり」

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/10/12
No image

ドラマでも活躍していた印象が強いだけに意外? - iStock.com / Epitavi

12日、木村拓哉東野圭吾のベストセラー小説を実写化する映画『マスカレード・ホテル』(2019年公開)で主演を務めることが発表され、初の刑事役、長澤まさみとの初共演など、同作でさまざまな“初”に挑むことが明かされたが、ファンはまた別の“初”にも喜んだようだ。SNSなどではファンから「3年連続映画公開 じわじわくる こんな事無かった…」「3年連続主演映画おめでとうございます」という声が上がっている。

これまでにも『武士の一分(いちぶん)』『ハウルの動く城』など数々の映画に参加し、俳優としての地位も確たるものを築き上げてきた木村。そんな木村にとって、『マスカレード・ホテル』は東野作品への初出演、長澤まさみとの初共演、初の刑事役などの“初”が詰まった作品となるが、本作が2019年に公開されることでようやく『無限の住人』(今年公開)、『検察側の罪人』(2018年公開)と3年連続で主演作が続くことが確定したことになる。

意外にも木村は、初映画出演作『シュート!』(1994)から翌年公開の『君を忘れない FLY BOYS, FLY!』(1995)、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(2009)・『REDLINE』(アニメ映画:2010)・『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010)など2年連続で出演作が公開されることはあっても、出演作が3年連続で公開されることは今までにない。さらに今回は3年連続で“主演”映画が公開されるということで、ファンからは「3年連続……映画 誇れる仕事っぷり」「初の3年連続映画主演て!遅くない?」「3年連続映画主演作が公開される これ喜ばなくていつ喜ぶの?!」と歓喜の声が相次いでいる。

『マスカレード・ホテル』の監督は、木村の代表作である『HERO』シリーズを手掛けた鈴木雅之が担当する。銀幕スターとしての木村の活躍ぶりに、熱い視線が向けられそうだ。(編集部・井本早紀)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山崎賢人は“ボケの人” 「斉木楠雄のΨ難」新井浩文&福田雄一監督と明かす撮影風景
新垣結衣「モニタリング」で男装!?逃げ恥の平匡ライトとのコラボに視聴者大興奮!
寺西一浩監督&永尾まりや2年連続快挙!モナコ国際映画祭オープニング映画に決定
10月21日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
映画「八重子のハミング」上映館103館に拡大へ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加