最後のブルートレインが「ホステル」で復活

最後のブルートレインが「ホステル」で復活

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

最後のブルートレイン「北斗星」が簡易宿泊施設(=ホステル)となってよみがえる。

1日に公開されたのは、東京・馬喰町に今月15日にオープン予定の「Train Hostel 北斗星」。このホステルは、去年8月にラストランを迎えた寝台特急「北斗星」で実際に使われていたベッドや照明などが客室の内装に再利用されている。

寝台列車の旅が疑似体験でき、1泊当たり2500円からと非常に安く利用できるのが特徴で、急増している外国人旅行者にも対応できるように全てのスタッフが英語で案内可能だという。

運営会社は「長期で滞在してもらい、旅の拠点にしてほしい」と話している。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飛行機から撮影された「雲を突き抜ける謎のポール」! 高さ1400メートル以上、月と地球を繋ぐコードか?
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
ショルダー、トート、リュックで使えるMA-1素材の3WAYビジネストート
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加