【ライブレポート】Soanプロジェクト2周年ワンマン、「静」と「動」2つの姿を提示

【ライブレポート】Soanプロジェクト2周年ワンマン、「静」と「動」2つの姿を提示

  • BARKS
  • 更新日:2018/06/14
No image

Soanプロジェクトが6月1日、高田馬場AREAにて<Soanプロジェクト2nd Anniversary Oneman Live『ココロノコエ~Soan Birthday Special Live~』>を行った。

◆ライブ画像(48枚)

6月1日はサウンドコンダクター・Soanの誕生日であり、彼が2016年に立ち上げたSoanプロジェクト始動の日。彼は毎年6月1日にSoanプロジェクト始まりの地である高田馬場AREAを舞台にライブを行なってきた。今年はSoanプロジェクト with 手鞠、Soanプロジェクト with 芥という2つの編成のもと、二部構成のライブを行った。

No image

第一部を飾ったのは、Soan プロジェクト「静」の面を司るSoanプロジェクト with 手鞠。美しくたおやかなヴァイオリンとアコギの音色、その上で静かに躍るピアノの旋律。Soanプロジェクト with 手鞠の宴は、ゆっくりと呼吸を始めるように「夕闇に鳴動する衝動と幸福の在処」から幕を開けた。言葉のひと言ひと言を絵筆に、Soanプロジェクト with 手鞠はこの空間へ夜の帳がゆっくり降り注ぐ風景を描き始めた。心がスーッと夕闇に惹かれてゆく。じっと呼吸を抑え、舞台から流れ出る調べをゆっくりと含みみながら、心を橙色に染めてゆく音のドロップを優しく口の中で転がしていた。

「ようこそ、Soanプロジェクトです。歪にたわんだ愛情美や造形美…。この問に答えておくれ…」という手鞠の声から空気をつんざくように響くアコギの旋律。手鞠が小さな叫びを上げると同時に、この空間は「sign…-resonance-」で遥か異国の地へと風景を様変えた。そして昂る感情を荒々しいドラムの音に投影しながら「落下の挙動、加速、暗転、反射 そして調和する僕と君と。」を披露。とてもスリリングで心地好い緊張感を抱いた演奏だ。

No image

そして重い闇がこの世界を黒く塗り込めるようにSoanプロジェクト with 手鞠は「黄昏色に融解する視界と屈折した類推(アナロジー)」を響かせた。その歌はゆっくりと手をたぐりよせ、そのまま暗い暗い奈落の淵へと引き寄せるようだ。荘厳な弦楽(ヴァイオリン&二胡)とピアノの調べ、手鞠の歌声は、暗鬱な世界へ導く呼び水のよう。

Soanの奏でる物悲しいピアノの音色が響き、咽び泣くように言葉をつぶやく手鞠。そこへSachiのヴァイオリンが命を目覚めさせるよう身をきしむ旋律を重ね「投影された在りし日の肖像と云う名の亡霊」へ。嘆き叫ぶ手鞠、その歌声へ重厚な調べを持って寄り添う演奏陣。聴いている者は痛みを覚える。「あらかじめ決められた脚本のように、同じ演目を繰り返す。抗うことを許されない…すべては同じ神の概念の元に…」と込み上がる想いへ、ひと呼吸を置きながら気持ちをゆっくり注ぎ込む手鞠。なんて物悲しい歌と演奏だろうか。「林檎の花の匂いと記憶野に内在する存在。」では郷愁を誘う。

No image

ギターの弦やボディをスタッカートするタイゾ。剥きだした感情を演奏に叩きつけることで、この空間には興奮の前章が生まれていた。静寂の中へ狂気と狂喜を導くようにSachiのヴァイオリンも響き、やがて演奏はスパニッシュな旋律を軸に据えた「感情を媒介として具象化する感傷の逝く宛」に。こちらは触れた人を鋭利な刃で切り裂くようなスリリングさを抱いた楽曲だ。「正否の相違、或いは利害の不一致」では生きる意味を問い、「醜悪なる獣穿つ矢、致死を以て野卑を屠る」では心を解き放つ熱狂を生み出す彼ら。

そして最後にSoanはこの日のために書き下ろした新曲を披露した。濁った魂を浄化してくれるような、情熱的な楽曲だ。演奏が終わり、会場中に響いた大きな拍手。その心の熱狂をSoanプロジェクト with 手鞠は、続くSoanプロジェクトwith 芥へ手渡した。

■Soanプロジェクトwith手鞠 Member
Produce・Music・Drums・Piano:Soan
Lyric・Vocal:手鞠
Acoustic Guitar:タイゾ
Acoustic Guitar・二胡・Chorus:祐弥
Violin:Sachi(from 黒色すみれ)

◆ライブレポート(2)へ

No image

「静」なる表情から一変、Soanプロジェクト with 芥は冒頭から荒々しい「動」としての表情を描き出した。感情の走り出すままに芥は「濁った瞳」を歌い始めた。とても荒々しく、雄々しき興奮を抱いた楽曲だ。だが、けっして感情のままに暴れ狂うわけではない。身体中から沸き上がる熱をSoanプロジェクトwith 芥は少しずつ解き放つ。

「薄紅は舞い散り寂光に消える」が飛び出すと同時に、会場中の人たちは天高く両手を突き上げ手拍子。開放的なサビでは芥の熱した想いに負けじと、観客たちも熱い声を上げてゆく。これまでの静寂が幻だったとでも言うように、ヘドバンや折り畳みも繰り出される。そこへさらに「不確かな箱庭」を投下して熱を塗り重ねる。力強い手拍子、芥と観客たちによる熱い絶叫でシンクロした感情を強固に結び付け、Soanプロジェクトwith 芥は続いて「隔つ虚構紡ぐ真実と憧憬」を突きつけた。「透過幕」では昂った感情へゆっくりと冷たい調べを注ぐが、ギター陣の荒ぶる演奏が炸裂すると同時に、雄々しき姿へと変貌。雄大な景観を投影した演奏の上で、芥は切ない歌声を響かせる。

No image

「その瞬間瞬間、過去と未来、この景色をずーっとずーっとあなた達の心に刻み込んでください」という芥の言葉を受けて始まったのはスケールに溢れた楽曲、「パラドクス」。芥の歌に胸が揺さぶられる。その雰囲気を変えるように「さぁ、こっから気持ち切り換えて派手にいこうか」と煽るSoan。その言葉通り「朽ち木の行方」では喧騒と熱狂の風景を作り出す。「躁狂の踊り子~山紫水明の宴~」ではタオルを振り回す光景も。

Soanプロジェクトwith 芥流のダンスロックナンバー「arrive」も飛び出し、観客たちは大きく手を振り無邪気に飛び跳ねていた。さらに暴れろとラウドでアグレッシブな「hysteria show time」も繰り出される。「明日のことなんて考えなくていいから、すべてこの瞬間に注ぎ込んでください」と最後を飾ったのは、デジロックナンバーの「frowery count」。メンバーも観客も、自らの感情を解き放った。

No image

■Soanプロジェクトwith芥 Member
Produce・Music・Drums:Soan
Lyric・Vocal:芥(from Chanty)
Guitar・Voice:K
Guitar・Voice:Shun
Bass:Ivy(from ラッコ)

◆ライブレポート(3)へ

No image

アンコールは美しくも澄み渡る「刹那を駆ける命の一行に」から幕を開けた。舞台上にはSoanプロジェクト with 手鞠、Soanプロジェクトwith 芥、両方のメンバーが集結。芥と手鞠が歌のバトンを次々と繋ぎ、美しい歌で心を浄化していく。メンバー全員でSoanのためにバースデーナンバーを合唱する一幕もあった。さらに、Soanプロジェクトのメンバーでもある健希が舞台に現れ、Soanにケーキをプレゼントする。Soanからは「気づいたらSoanプロジェクトで33曲産み出すことが出来ました。これもメンバーがSoanの作る歌が好きだと言いながら、全力で力を貸してくれるからこそ。おかげで、1本1本のライブも全力で出来ています。もはや、バンド以上のバンドが出来上がったんじゃないかと思います」との言葉。

最後にSoanプロジェクトは新曲を披露した。新曲は手鞠と芥で半分ずつ歌詞を執筆したそうだ。Soanによると「イメージは、笑顔で楽しめること。三部作の終着点として明るい光のイメージを持った歌なので、スマイルを見せてください」とのこと。触れた人たちを優しく光で包み込むような、心地好い解放感を持った楽曲だ。熱狂というよりは気持ちを弾ませ笑顔で手振りしたくなる、心も身体も揺らし躍らせる歌だ。最後に新曲へ触れたことで、これから発売になるSoanプロジェクトwith 芥・Soanプロジェクト with 手鞠それぞれの3rdミニアルバムも楽しみになってきた。

写真◎遠藤真樹
文◎長澤智典
編集◎BARKS

No image

セットリスト

■Soanプロジェクト with 手鞠
「夕闇に鳴動する衝動と幸福の在処」
「sign…-resonance-」
「落下の挙動、加速、暗転、反射 そして調和する僕と君と。」
「黄昏色に融解する視界と屈折した類推(アナロジー)」
「投影された在りし日の肖像と云う名の亡霊」
「それは呪いと同義語の魂の鎖 永遠に続く祝福と云う名のカルマ」
「林檎の花の匂いと記憶野に内在する存在。」
「感情を媒介として具象化する感傷の逝く宛」
「正否の相違、或いは利害の不一致」
「醜悪なる獣穿つ矢、致死を以て野卑を屠る」
「新曲: タイトル未定」
End SE.「それを僕は普遍と呼び、君はそれを不変と詠んだ」

■Soanプロジェクト with 芥
「濁った瞳」
「薄紅は舞い散り寂光に消える」
「不確かな箱庭」
「隔つ虚構紡ぐ真実と憧憬」
「透過幕」
「パラドクス」
「朽ち木の行方」
「躁狂の踊り子~山紫水明の宴~」
「arrive」
「hysteria show time」
「frowery count」

■Encore
「刹那を駆ける命の一行に」
「新曲: タイトル未定」
End SE.「刹那を駆ける命の一行に」

Soanプロジェクトwith芥 3rd Mini Album『動猛成る狂想、動脈に射つ。』

2018年9月5日(水)Release
全7曲収録/¥2,600(tax out) /S.D.R-337
【Recording Musician】
Produce・Music・Drums:Soan
Lyric・Vocal:芥(from Chanty)
Guitar・Voice:K
Guitar・Voice:Shun
Bass:Ivy

インストアイベント ※参加メンバー:Soan・芥・Shun(Guest)
2018年9月23日(日)13:00-/Like an Edison東京店
2018年9月23日(日)16:00-/新宿自主盤倶楽部
2018年9月23日(日)19:00-/池袋Brand X
2018年9月24日(月)12:00-/高田馬場ZEAL LINK
2018年9月24日(月)15:00-/litlle HEARTS.新宿店
2018年9月24日(月)18:00-/渋谷ZEAL LINK

アウトストアイベント ※参加メンバー:Soan・芥・Shun(Guest)
2018年11月10日(土)札幌Crazy Monkey 終演後
2018年11月11日(日)札幌Crazy Monkey 終演後
2018年11月24日(土)大阪北堀江club vijon 終演後
2018年11月25日(日)名古屋今池3Star 終演後

Soanプロジェクトwith手鞠 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。』

全6曲収録/¥2,600(tax out)/S.D.R-338
【Recording Musician】
Produce・Music・Drums・Piano:Soan
Lyric・Vocal:手鞠
Acoustic Guitar:タイゾ(from Kra)
二胡・Chorus:祐弥
Violin・Viola:Sachi(from 黒色すみれ)

アウトストアイベント ※参加メンバー:Soan・手鞠・祐弥(Guest)
2018年12月8日(土)大阪北堀江club vijon 終演後
2018年12月9日(日)名古屋ell.SIZE 終演後
2018年12月15日(土)博多DRUM Legend 終演後
2018年12月16日(日)博多DRUM Legend 終演後

ライブ情報

<Soanプロジェクトwith手鞠 Oneman Live「真夏の夜の夢vol.2 」~菓子女装ブリオッシュ・ド・ロリィタ~>
2018年8月21日(火)渋谷REX(東京都)
open 18:30/start 19:00
adv¥4,000/day¥4,500
出演者:Soanプロジェクトwith手鞠

<Soanプロジェクトwith芥 Oneman Live「真夏の夜の夢vol.2 」~下駄と帯紐と私、愛する貴女のため・収穫祭~>
2018年8月22日(水)渋谷REX(東京都)
open 18:30/start 19:00
adv¥4,000/day¥4,500
出演者:Soanプロジェクトwith芥

<Soanプロジェクトwith芥 Oneman Live「真夏の夜の夢-特別編- 」~黒服限定GIG・奉納祭~>
2018年8月23日(木)東高円寺二万電圧(東京都)
open 18:45/start 19:15
adv¥4,000/day¥4,500
※ドレスコード有・黒服限定
出演者:Soanプロジェクトwith芥

<Soanプロジェクト 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。動猛成る狂想、動脈に射つ。』Release Oneman live>

2018年9月30日(日)新横浜NEW SIDE BEACH!!(神奈川県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500/day¥5,000
Soanプロジェクトwith手鞠/Soanプロジェクトwith芥

<Soanプロジェクトwith芥 3rd Mini Album『動猛成る狂想、動脈に射つ。』Release Oneman Tour>

2018年11月10日(土)札幌Crazy Monkey(北海道)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月10日(日)札幌Crazy Monkey(北海道)
open 16:30/start 17:00
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月24日(土)大阪北堀江club vijon(大阪府)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500/day¥5,000

2018年11月25日(日)名古屋今池3Star(愛知県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

<Soanプロジェクトwith手鞠 3rd Mini Album『静廉鳴る共奏、静脈に宛がう。』Release Oneman Tour>

2018年12月8日(土)大阪北堀江club vijon(大阪府)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500 / day¥5,000

2018年12月9日(日)名古屋ell.SIZE(愛知県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

2018年12月15日(土)博多DRUM Legend(福岡県)
open 18:00/start 18:30
adv¥4,500 / day¥5,000

2018年12月16日(日)博多DRUM Legend(福岡県)
open 17:00/start 17:30
adv¥4,500 day¥5,000

◆Soan オフィシャルブログ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W杯テーマ曲に「選んだNHKが悪い」 「盛り上がらなさにビビった」
井上陽水、新曲「care」MVに“バブリーダンス”の伊原六花
go!go!vanillas・牧、手塚治虫の「音楽表現」をフィーチャーしたTシャツコレクションに登場
go!go!vanillas牧 達弥、手塚治虫の「音楽表現」にフィーチャーしたTシャツコレクションに登場
川谷絵音が新レーベル「TACO RECORDS」発足。第一弾作品はゲスの極み乙女。ニューAL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加