タブレット端末で楽譜を手書きできる人気アプリ「StaffPad」、iPad版が登場!

タブレット端末で楽譜を手書きできる人気アプリ「StaffPad」、iPad版が登場!

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2020/02/08
No image

音楽、特に作曲に携わっているミュージシャンの中には「StaffPad」の存在を知っている人もいるだろう。タブレット端末のスクリーン上で楽譜を“手書き”できるアプリだ。

これまでWindowsのタブレットでのみ利用できた人気のアプリだが、ついにiPad版アプリがリリースされた。

・手書きを自動で清書

No image

デザインしたり絵を書いたりするのにタブレット端末を使う人もいるかと思うが、StaffPadでは似たような感覚で楽譜を手書きできる。紙に鉛筆で書いていくのと同じように、スクリーンに表示される五線譜にタッチペンで音符を書き込んでいくことができる。

通常手書きの場合、音符の黒丸部分がきっちりと黒く塗りきれなかったり、棒の部分が斜めになったりするもの。しかし、StaffPadではタッチペンで書いていくそばから自動で「清書」され、初めからPCで作成したような美しい体裁になる。

つまり手書きを認識するという高度な技術が活用されていて、もちろん音符だけでなく音楽に関する記号全てに対応する。また、修正や削除なども簡単にできる。

・作ったメロディの再生も

No image

しかもStaffPadでは、書いた楽譜の「再生」ができる。こちらは追加料金がかかるが、55種の楽器で自分の書いたメロディをタップするだけで再生できるというのは作曲する人にはかなり重宝する機能だろう。アンサンブルやオーケストラの曲も自在に再現できる。

おそらく作曲する人は常に五線譜の紙を手元に置いているだろうが、それに代わるものとしてStaffPadは検討する価値がありそうだ。

米国App Storeでの価格は89.99ドル(約9900円)となっている。

StaffPad

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
au、スマホの残価設定購入「かえトクプログラム」を2月21日開始と発表
折りたたみの次は「引き出し」スマホ、TCLのスライド画面端末がリーク。MWC発表予定のコンセプト?
女優の“すべて”が丸見え!『AIモザイク処理』がトンデモない!
500個ものChrome拡張機能が個人情報を盗んでいたことが判明、被害者は170万人を超える
デザインの自動化で、デザイナーにより人間らしい働き方を提示するガラパゴス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加