新日本・EVILがオカダを破壊!IWGP挑戦猛アピール

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/20

「プロレス・新日本」(13日、両国国技館)

EVILがIWGPヘビー級オカダ・カズチカに破壊的な暴行を加え、王座挑戦をアピールした。

シングルリーグ戦「G1クライマックス」公式戦でオカダを破り、首を負傷させたEVIL。この日は高橋ヒロム、BUSHI、SANADAと組み、オカダ、外道、矢野通、石井智宏組と対戦した。EVIL組は総出でオカダの首を集中攻撃。さらに、一日の長がある連係とラフ殺法で主導権を握り、最後はヒロムが外道をDで仕留めた。

そして、EVILは試合後もオカダに暴行大量のイスをリングに投入し、その山の上にオカダを変形スパインボムのダークネスフォールズでたたきつける暴挙に出て、オカダをKOした。

インタビューでEVILは「今日も超人オカダを地獄に葬り去ってやった。どうすんだ、チャンピオン?このオレ様のIWGPおよび新日本の支配はもう始まっているぜ。改めて、もう一度言ってやるよ。オカダ、オレの方はお前より強えんだよ」と、王座挑戦を要求するかのようにオカダを挑発。一方のオカダは苦痛に顔をゆがめながら、「まだまだ立ち上がるぞ。次回、借りを返すぞ」とEVILへのリベンジを宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
文田健一郎21歳8カ月グレコ最年少V/日本人メモ
UFC王者ジョーンズが禁止薬物に陽性反応
山中倒し新王者のネリ、薬物検査で陽性と米メディア
具志堅会長、比嘉に夜遊び&女性禁止令 「王者になって10万円のステーキを...」
亀海喜寛「ジムワークは一段落」コット戦へ最終段階
  • このエントリーをはてなブックマークに追加