鹿島26戦19勝、クラブ史上最速ペースで首位走る

鹿島26戦19勝、クラブ史上最速ペースで首位走る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

鹿島FW金崎

<明治安田生命J1:新潟2-4鹿島>◇第26節◇16日◇デンカS

首位鹿島アントラーズが最下位のアルビレックス新潟に4-2で勝って連勝を4に伸ばした。前半に2失点したが、後半にMFレアンドロ(24)の3得点などで鮮やかに逆転した。

今季の鹿島は、クラブ史上最速のペースで勝ち星を積み重ねている。26試合で19勝1分け6敗。26試合消化時点で19勝は、現行の年間34試合制となった05年以降では、年間王者となった昨年のクラブ過去最多の16勝を上回る。残り8試合。これまで4チームがマークしたJ1のシーズン最多勝となる23勝も更新しそうな勢いだ。

この日の新潟戦では0-2から後半に4点を集めて逆転。今季は先制した試合で14勝1分けと負けなしだが、先制点を許した試合でもリーグ最多の5勝。3月18日のアウェーでの清水戦でも2点のビハインドから3-2と逆転勝ち。先制されても動じない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
【データ編】2017年司法試験合格者・法科大学院別ランキング
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
筑波大学、天皇杯16強敗退も“ジャイキリ”連発で残した衝撃。青年たちが経た大冒険
JFAが神戸対磐田での「エリア内の決定的なハンド」を検証。上川副委員長は「映像で見ると明らかだった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加