最新ランキングをチェックしよう
週刊こむぎ (56) もともと そこには 何もない

週刊こむぎ (56) もともと そこには 何もない

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

冷たい風が吹き、冬がやってきます。
木々の葉が落ちて周りが寂しくなっていく中、
こねりは「本来無一物」と唱えます…。
「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」は、
中国禅の第六祖、慧能(えのう)禅師が詩の中に詠んだ言葉です。
早くに父親を亡くし、家は貧しく教育を受けられず、
文字の読み書きができなかった慧能は、
お寺に弟子入りしてからは下働きをこなしていました。
ある時、師匠である弘忍禅師が後継者を決

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「6年間一度もセックスしたことがない夫婦」の実録コミックエッセイが話題沸騰!!
速水もこみちへのオリーブオイル使いすぎ苦情にイタリアンシェフ「本場では普通」
「俺...馬並みなんだよね」ん?意外と知らないエッチ用語10つ
月曜朝の憂うつな気分を1秒で切り替える方法
【うそやん】双子の赤ちゃんの寝室に隠しカメラを設置したところ、とんでもない光景が写り込んでいた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加