最新ランキングをチェックしよう
週刊こむぎ (56) もともと そこには 何もない

週刊こむぎ (56) もともと そこには 何もない

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

冷たい風が吹き、冬がやってきます。
木々の葉が落ちて周りが寂しくなっていく中、
こねりは「本来無一物」と唱えます…。
「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」は、
中国禅の第六祖、慧能(えのう)禅師が詩の中に詠んだ言葉です。
早くに父親を亡くし、家は貧しく教育を受けられず、
文字の読み書きができなかった慧能は、
お寺に弟子入りしてからは下働きをこなしていました。
ある時、師匠である弘忍禅師が後継者を決

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人事部長があげた「面接でNGな態度トップ10」&「起こりがちな失敗トップ5」がこれだ!
こんなLINEしてないよね...?「おっさん乙www」と思われるLINEの特徴4つが明らかに
なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?
世の親たちが考え出した「子育て」がぐっと楽になるアイデアいろいろ
入浴シーンまで公開! ロシアの美人CAがマジのマジで美しい!! サービス精神も旺盛な「ヴィクトリア・ツラノーヴァ」さんが逸材すぎる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加