バティスタが快音 特大2ランでCSへ順調調整

バティスタが快音 特大2ランでCSへ順調調整

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

1回広島2死一塁、左越えに2試合連続となる2ランを放ち、ナインとタッチを交わすサビエル・バティスタ。右奥は一走・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「練習試合、広島-三菱重工広島」(12日、マツダスタジアム)

広島は初回、丸の先制適時打とバティスタの2ランなどで先制点を奪った。

先頭の田中が右前打で出塁。すぐさま二盗を決めると、菊池の右飛の間に三塁へ進んだ。1死三塁とし、丸の右前適時打で先制。なおも、2死一塁でバティスタが打席に立った。初球、142キロの速球を強振。打球は左翼席の上段に到達する特大2ランとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人が村田のクビを決断! 今オフのFA選手が「巨人NG」を選択
ロッテ福浦が来季1軍打撃コーチ兼任!チーム最年長
清宮獲得のためにセ・リーグがDH制度導入検討
オリ・宮内オーナーがバッサリ「力も頭も両方弱い」福良監督「おっしゃる通り」
ケンブリッジ飛鳥「もう1000日前」五輪商品手に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加