「どうしても勝てない...」慶應卒のエリート商社マンが、唯一コンプレックスを抱く相手

「どうしても勝てない...」慶應卒のエリート商社マンが、唯一コンプレックスを抱く相手

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2019/09/27

−女なんて、どうせ金を持ってる男が好きなんだろ−そんな風に思うようになったのは、いつからだっただろう。これは、東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね上り詰めていったある東京男子の、リアルな回想録である。慶應義塾大学入学とともに東京に住み始めた翔太は、晴れて慶應ボーイとなるも、セレブと庶民の壁に撃沈。1歳年上の女子大生・花純と付き合うが、彼女はいわゆる、お金持ちのおじさんに群がる“ビッチ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加