横浜FM、齋藤学が待望の今季初ゴールも...柏との上位対決は痛み分け

横浜FM、齋藤学が待望の今季初ゴールも...柏との上位対決は痛み分け

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/09/16
No image

横浜F・マリノスと柏レイソルが対戦した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

2017明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、横浜F・マリノスと柏レイソルが対戦した。

試合が動いたのは9分。左サイドから仕掛けた横浜FMは、山中亮輔が早いタイミングで折り返すと、DFに当ってこぼれたボールを齋藤学が拾う。このままペナルティエリア左に入った齋藤が右足のシュートをゴール右上に蹴り込み、横浜FMが先制に成功した。齋藤にとっては待望の今季初ゴールとなった。

その後は横浜FMが安定したディフェンスで柏の反撃をしのぎながら時計の針を進める。しかし終盤の88分、柏はエリア手前右の好位置でFKを獲得すると、クリスティアーノが直接狙う。このシュートがゴール左に吸い込まれ、スコアをタイに戻した。

結局試合はこのまま1-1でタイムアップ。優勝を争う5位横浜FMと3位柏の上位対決は痛み分けに終わった。

次節、横浜FMは23日にアウェイでヴァンフォーレ甲府と、柏は同日にホームでFC東京と対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル

【得点者】
1-0 9分 齋藤学(横浜FM)
1-1 88分 クリスティアーノ(柏)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
独3年目の20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー。酒井高徳はフル出場
戦犯、ベンチ外...でも消えなかった「シウバ待望論」。紫の10番が広島を残留に導く
東京、新監督候補にG大阪長谷川健太監督が浮上
名波監督も感服する“練習の虫”中村俊輔。J24本目のFK弾にも「勉強になりました」
劇的な決勝弾すら「平常運転」の鹿島。ふたたび黄金時代が到来か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加