ホークス初回に一発攻勢 いきなり「マッチデ~ス!」今季6度目アベック弾

ホークス初回に一発攻勢 いきなり「マッチデ~ス!」今季6度目アベック弾

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/13

◆ソフトバンク-日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

いきなりの「マッチデ~ス!」だ。ソフトバンクが初回に一発攻勢で3点を先取した。先頭の川島が内野安打で出塁。今宮の犠打で1死二塁として、松田が本拠地では7月4日以来のアーチとなる18号先制2ランを右翼スタンドに突き刺した。「自分のスイングで捉えられて、打った瞬間に入ったと思った。最初のチャンスで先制できてよかった」。続く柳田は空振り三振に倒れたものの、デスパイネがフォークボールに体勢を崩されながらも左翼スタンドへ運ぶ25号ソロで続いた。「タイミングがずれ、泳がされたが、うまくバットの芯に当てることができた。まだまだ(先発の)武田投手を援護してあげたいデス」。2人のアベック弾は6月8日のヤクルト戦(ヤフオクドーム)以来で今季6度目。過去5試合はいずれも勝利している。

=2017/08/13 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
DeNA 継投裏目で連勝3で止まる 三上は出場選手登録抹消へ
阪神、秋山劇場や!プロ初10勝&初超特大弾 金本監督「糸井より上」
神戸国際大付・花村、聖地マウンドで輝き放った162センチ左腕
DeNA・ラミレス監督、山崎康晃は「基本的に使わないことにしていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加