ロッテ連夜の1点差負け...伊東監督「10点差、20点差に感じた」

ロッテ連夜の1点差負け...伊東監督「10点差、20点差に感じた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

1回、ソフトバンク・柳田(左)に先制3ランを浴びたロッテ・唐川=ZOZOマリン

「ロッテ5-6ソフトバンク」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテは連夜の1点差負け。伊東監督もさすがに声に張りがなかった。

9日は2度の無死三塁、1度の1死三塁を生かせなかった。この夜は4点差を打線の奮起で追い上げても、終わってみれば1点差負け。それだけにショックは大きい。

「いつでも負ける時はこんなもん。ヨーイ、ドンで3点を取られて盛り返したが…」と話し、こう続けた。

「1点差。(この夜は)10点差、20点差に感じた…」

唐川が初回、いきなり先頭の明石にストレートの四球を与えた。1死後、松田の内野安打で一、二塁。続く柳田に139キロのスライダーを捉えられた。打球はバックスクリーン上部を直撃する先制の27号3ランとなった。

唐川は8月3日、7月26日のいずれも日本ハム戦で、一回にそれぞれ2、1点を失って連敗している。「そこをなんとか過ぎればと思う。劣勢になってしまうから」。自ら肝に銘じてのマウンドだったが、2度あることは3度あった。初回の失点は3試合続いた。

四回には中村、福田に連打を浴び、さらに甲斐に送られて二、三塁。上林にカーブを左へ2点二塁打、そして明石には142キロ真っすぐを左に運ばれた。再び3点を失った。

打線はここまで2敗を喫している東浜を攻略した。三回には角中が1死一、三塁から連夜の適時三塁打を放った。五回には荻野が2号2ランで2点差。さらに六回には代打・ペーニャの適時打で1点差と迫った。

それだけに唐川は、「立ち上がりの失点。味方が追い上げてくれた直後の失点。両方とも先頭打者を出してしまい、踏ん張ることができなかった」とうなだれた。これで4勝10敗。黒星は2桁になった。

勝負は終盤にもつれ込むかに見えたが、七回以降はソフトバンクの強力救援陣の前にお手上げだった。森、モイネロそしてサファテが1回ずつ投げたが、すべて三者凡退。9人で5三振を喫した。

「サファテは出てくるとまず打てない。その前に追いついておく必要があるのだが、その壁を越えられない」と伊東監督は力なく振り返った。

11日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム)で今季100試合目。先発はドラ2の酒居だ。4日の楽天戦(Kobo宮城パーク)でプロ初先発して8回を1失点と好投した。

惜しくも勝利投手にはなれなかったが、若さを前面にパワーピッチングを披露した。「(西武打線は)ブンブン振り回してくる。ソフトバンクよりも長打力がある。それを怖がってはやられる。本拠地の登板は初めてになる。いいイメージで向かってほしい。それを期待する」

2試合連続1点差の悪夢から切り替えて、遅れてやって来た実力派の右腕ルーキーに西武3連戦の先陣を託した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加