トランジット観光にも最適!クアラルンプール空港近郊「プトラジャヤ」のバスツアー

トランジット観光にも最適!クアラルンプール空港近郊「プトラジャヤ」のバスツアー

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2016/10/20
No image

トランジット観光にも最適!クアラルンプール空港近郊「プトラジャヤ」のバスツアー

クアラルンプール空港から電車で20分の場所にある「プトラジャヤ」は、マレーシアの総理府、財務省や裁判所等の政府機関が集まっている行政都市です。珍しいピンク色のモスクもあり、近頃は観光地としても人気を集めています。

「プトラジャヤ」の見どころは点在しているので移動が大変ですが、駅から出ている観光バスツアーを利用すると効率よく回ることができます。お値段もお手頃でトランジット観光にも最適です。

■お手頃!効率よく回れるオススメツアー

No image

写真:麻田 ユウミ

今回ご紹介するツアーは「Putrajaya Sightseeing Tour」といい、チケットはお得なKLIAトランジットの列車の往復チケットとセットになったもの(プトラジャヤ駅を除くKLIAトランジットの駅で購入可(駅ごとに値段が違います))と、プトラジャヤ駅で購入できるチケット(RM20)があります。ツアーは1日2回催行(金曜日は15時のみ)されています。

バスの運転手がガイドを兼任しており、走行中に見どころや施設の説明があります。5カ所のポイントで下車ができ、一番の見どころの「ピンクモスク」では45分間の自由時間があるので、モスクの中に入って観光する時間も十分にあります。所要時間は約2時間半で、効率よく「プトラジャヤ」を観光することができます。

■プトラジャヤ一番の絶景ポイント「スリ・ワワサン橋」!

No image

写真:麻田 ユウミ

まずバスが走り始めて向かう先は「スリ・ワワサン橋」。この橋はプトラ湖にかかる橋で、現代的かつ斬新な設計で注目を集めています。この「スリ・ワワサン橋」からは対岸のピンクモスクこと「プトラモスク」、淡いグリーンの色合いが素敵な「総理府」を見ることができ、プトラジャヤ観光の目玉の1つとなっています。

この場所では10分程の写真撮影タイムが設けられており、湖に浮かんでいるかのように見えるモスクや総理府はアラビアンナイトの世界を思い起こさせます。

■目玉はピンクモスク!「プトラ広場」で思い思いに過ごそう

No image

写真:麻田 ユウミ

2カ所目のポイントはプトラジャヤの中心「プトラ広場」。広場にはマレーシアの国旗と13州のマレーシア州旗が立てられています。ここには1カ所目の訪れた「スリ・ワワサン橋」から見えた、総理府とピンクモスクがあります。45分の自由時間が設けられているので、モスクに入ったり、フードコートで食事をしたり思い思いに過ごすことができます。

「総理府」は玉ねぎ型のドームが特徴でイスラム式のデザインになっています。中は見学不可ですが、このような総理府は他にはないので一見の価値があります。

そして特に女性に人気の高いピンク色のモスク「プトラモスク」。ピンクモスクと呼ばれるだけあって、外観から館内のモザイク、ミナレットまですべてピンク一色!このモスクのピンク色は装飾したのではなく、使用している花崗岩によってこのようなピンク色になっているのだとか。ムスリム以外は入口付近のみの見学になりますが、十分に全体を見渡すことができます。内部は2000人が入れる広さがあり、ミナレットは東南アジア一を誇ります。

■モスクを思わせる裁判所も!近未来都市の建物のを堪能

No image

写真:麻田 ユウミ

3カ所目は連邦裁判所前です。こちらも中を見学することはできませんが、モスクを思わせる外観の裁判所は珍しく人気の写真撮影スポットです。裁判所前にある真っ直ぐに伸びた大通りの正面には「総理府」があり、総理府から各行政機関が連なっている造りになっているのも面白いです。

この大通りにある各行政機関の建物は、マレーシアの他都市とは全く異なって、最新の近代的な建築の中にイスラムのデザインを取り入れた建物や、まさに近未来を思わせる建物が建ち並んでいます。。車窓から様々な行政機関の建物を見ることができるので、建築様式を見比べるのも楽しいですよ。

■プトラジャヤの街が一望できるオススメ撮影スポット!

No image

写真:麻田 ユウミ

4カ所目はPICC(プトラジャヤ・インターナショナル・コンベンションセンター)です。ここは小高い丘の上にあり、プトラジャヤの街を一望することができます。こちらも正面に「総理府」が見える造りになっており、プトラジャヤの湖と緑豊かな風景と綺麗に整備された景色に見入ってしまいます。あまりにも整った街並みで、なんだか現実の世界の都市ではないような錯覚に陥ってしまう程。

5カ所目は写真に見えるプトラ湖にかかっている橋です。橋の下は遊歩道になっておりプトラ湖を散策することができます。驚くべきはこの約650haあるプトラ湖は人口湖。一年中常夏のマレーシアで気温を下げる役割も果たしています。

■人気急上昇の「プトラジャヤ」を是非訪れてみましょう!

今回ご紹介した「プトラジャヤ」は他に類をみないまさに近未来都市で、マレーシアの新しい顔ともいえる場所です。空港とクアラルンプール市内の中間の場所にあるので、市内からも空港からもアクセス抜群。他都市へ行くときのトランジット観光はもちろん、市内でアジアの喧騒を感じた後に訪れるのも新鮮です。

現在、クアラルンプール観光で人気急上昇の場所ですので、是非訪れてみてください。違ったマレーシアを感じることができますよ。

関連MEMO

マレーシア政府観光局

Putrajaya Sightseeing Tour

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秋葉原の「オタク向け美容室」で推しポケモンの髪型にしてもらった
【ざっくり解説】船が “突然消える” 魔の三角海域「バミューダトライアングル」とは何なのか?
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加