女子1500メートル 高木美帆が銀メダル 個人種目では日本女子史上初

女子1500メートル 高木美帆が銀メダル 個人種目では日本女子史上初

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/14
No image

株式会社フィスコ

12日、平昌五輪スピードスケート女子1500メートルで、高木美帆(23=日体大助手)が銀メダルを獲得した。五輪のスピードスケート女子個人種目で、メダルは98年長野五輪500メートルで銅メダルを手にした岡崎朋美以来、20年ぶり。銀メダルは日本女子史上初の快挙だ。

高木の記録は1分54秒55で、優勝したオランダのイレイン・ブスト(31)の1分54秒35とは0秒20と僅差。同種目に出場した小平奈緒(31=相沢病院)は1分56秒11で6位入賞、菊池彩花(30=富士急)は1分58秒92で16位だった。

(文・甲斐天海)

【ニュース提供・大紀元】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく...日本の視聴者「かわいそう」「許してやれよ」
韓国の大炎上選手が「銀」 リンクで土下座...マススタート女子
「セックス中どんな顔をすれば......」セフレ7人の女の悩みに、プウ美ねえさんが全力回答!
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
【心理テスト】選んだクレヨンの色でわかる、あなたが心から望んでいる生き方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加