頑張っているのに...痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイント

頑張っているのに...痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイント

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/10/18

【ダイエット/モデルプレス】どんなに頑張っても全然痩せない万年ダイエッターさんにはある特徴が隠されているのだとか。そこで今回は、頑張っているのに痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイントをご紹介します。

No image

(写真 : ダイエット頑張っているのに…痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイン(Photo by Hisham Ibrahim/gettyimages))

【写真付きで記事を読む】頑張っているのに…痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイント

◆ニセの空腹で食べている

「口が寂しくなるとついつい何かを食べてしまう」人は要注意。その空腹は偽物なんです。

人間は、ストレスを感じると脳がニセの空腹信号を出して解消しようと働きます。

そのため、欲望のままに食べてしまうとあっという間に痩せにくく太りやすい体に変身してしまいますよ。

特に、空腹時にパンや麺類、ケーキなど糖質がたっぷり含まれているものを食べると、血糖値が急激に上昇します。

急激に上がると、デブホルモンと呼ばれる「インスリン」が大量に分泌され、ダイエットに悪影響を及ぼします。さらにインスリンは血糖値を急激に下げる働きがあるので、空腹状態になりやすくなってしまうのです。

本来、小腹がすくと感じるのは人間の思い込みなんだとか。ニセの空腹に注意して食べすぎに気をつけたいですね。

◆我慢の仕方が極端

ダイエットのためだからといって、我慢ばかりしていませんか?

我慢はストレスをため、体に悪影響を及ぼしてしまうことだってあります。

例えば、単品ダイエットのような厳しい食事制限は確かに減るかもしれませんが、脂肪だけでなく筋肉まで減りやすくなるため、代謝が下がりリバウンドしやすい体になってしまいます。

またいきなりストイックにトレーニングをはじめると、ストレスが溜まりやすく挫折につながりやすくなりますよ。

自分に合ったダイエットを自分に合ったペースで行うことが重要です。

◆糖質・脂質の重ね食べが多い

糖質・脂質は筋肉や内蔵を動かしたり、体温を上げたりするときのエネルギーになりますが、食べすぎはNG。

脂肪に変わり、体に蓄積してしまうためどんどんぽっちゃりボディになってしまいますよ。

また、ピザ&パスタ、ラーメン&ライスといった炭水化物だけの食事もNG。サラダや大豆製品などを取り入れてバランス良く食べるようにしたいですね。

◆筋肉が少ない

何度もリバウンドをしている人や運動嫌いな人は、筋肉量が少ない傾向にあります。

筋肉は体を動かすだけでなく、振動させて熱を生み出す働きがあり、脂肪を燃やすのに重要です。

今まで食事制限のみで、リバウンドを繰り返している人は筋肉量が減り代謝が下がっているかも。

スクワットや腕立て伏せなど、自分ができる範囲で行うようにしたいですね。

◆便秘になりがち

ダイエットの大敵である「便秘」。一度なってしまうと辛いですよね。

体に老廃物が溜まる「便秘」は、代謝を低くするだけでなく、余分な栄養素を吸収してしまうため、便秘を作らない体質に変えていきましょう。

便秘になりがちな人は、腸内環境が乱れていることが考えられます。

発酵食品や食物繊維が含まれているもので腸内環境を整えたり、マッサージで腸に刺激を与えて、老廃物を溜めない体を作っていきましょう。

いかがでしたか?

今回は痩せにくいぽっちゃりさんに共通する5つのポイントをご紹介しました。

短期間でほっそりボディを作るのは難しいかもしれませんが、習慣を見直していくことで自然と痩せ体質に導いてくれますよ。

ぜひ参考にしてほっそりボディを作ってくださいね。(modelpress編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
30分で...ほらね!「キヌア&さつまいも」を使ったビューティおやつ
何時に寝るかより質が肝心!寝ながらにして痩せる「眠テク」を成功させるには
ジムに行かずにモデル体型を手に入れる方法 クリスマスまでに自宅でできる短期集中ダイエット
脂肪とさよなら!お尻と太ももの境目をはっきりさせる方法5つ
おしゃれさんはみんな持っている!?︎人気急上昇中の《三角クリップ》を使ったヘアアレンジ3選♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加