警視庁とっておきのウラ技? 「メガネが曇らないマスクの付け方」最強説

警視庁とっておきのウラ技? 「メガネが曇らないマスクの付け方」最強説

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/02/12

インフルエンザが流行する季節を迎えて、着用する人が増えてきた「マスク」だが、コロナウイルスによる新型肺炎の影響で、さらに需要が高まっている。

No image

それまでは「レンズが曇るから」と、着用に消極的だった眼鏡をかけている人にも着用が広がっていて、その背景にはなんと、警視庁のサイトの存在があるらしい。

「メガネ」人が歓喜! まさかのサイトに掲載

話題になっているのは、警視庁が2018年に公開した「マスクを付けてもメガネが曇らない方法」。マスクの上部を内側に折り曲げて装着するだけで、曇りが相当緩和されるという。さらに、マスクの内側に四つ折りにしたティッシュを添えれば、まったく曇らなくなると説明している。

情報の提供主は「警視庁警備部災害対策課」。マスクは災害時にもホコリなどの吸引防止に必需品となるが、その際に自分の呼吸でレンズが真っ白になってしまうのを防ぐ方法として紹介された。

その後、テレビ番組や情報サイトなどがインフルエンザや花粉症の流行期に、この警視庁のサイトを引用して、マスク着用の裏技として紹介。警視庁では同じ内容をツイッターでもつぶやいており、新型肺炎の広がりを背景に、拡散が続いている。

「メガネが曇るので嫌いなのだが、そうも言ってられない状況。何か策はないかと探したら、まさかの警視庁のサイトに載ってた」「警視庁考案『メガネが曇らないマスクの付け方』が最強すぎる」「曇り止めなしで曇らないのは神」

などと、ツイートが続いている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型コロナ 東京都新たに男女3人感染 都内25人に
JR東日本、渋谷駅切替工事で湘南新宿ライン・埼京線が一部区間で終日運休 5月30日と31日
「一瞬で何もかも奪う」アフリカの大地を食い尽くす蝗害、バッタ博士が解説
カズレーザー、東京マラソン参加料規約に「逆じゃないんですか?」
女子高校生が飛び込み死亡...駅のホームで動画も撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加