ファミマ、不採算のサークルKとサンクスを店じまい

ファミマ、不採算のサークルKとサンクスを店じまい

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/12

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は、2018年2月までにコンビニエンスストアの「ファミリーマート」との統合を進めている、傘下の「サークルK」と「サンクス」の664店舗を閉店すると、2017年10月11日に発表した。当初の計画から、295店舗を追加で閉める。

No image

J‐CASTニュースの12日の取材に、同社は「不採算店舗の整理のため」と、理由を説明した。

ファミマへの転換ではなく閉店

サークルKとサンクスは、2016年9月にファミリーマートと経営を統合。同年8月時点で6300か店あった店舗を、18年8月末までに5000店舗のファミマに切り替えていく計画で、この1年間で約1700か店をファミマの看板に切り替えた。

両店は17年8月末時点で3300店舗が残っているが、このうちの664か店の不採算店舗を閉める。ユニー・ファミリーマートHDは、「今回の閉店はファミリーマートへの転換ではなく、店舗自体の閉店」と説明している。

ファミリーマートは17年8月末時点で、全国に1万4500店舗を展開している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
投票を考えるための分かりやすい原発・エネルギー政策
白昼堂々の中国「白タク」を野放しにしていいのか
Amazon Booksに垣間見られる実店舗展開
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加