【ハイチ戦|戦評】ハリルに失望。2-0から追いつかれた時点でアウトだ

【ハイチ戦|戦評】ハリルに失望。2-0から追いつかれた時点でアウトだ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image

小林のパフォーマンスは決して悪くなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

遠藤はアンカーとして十分に機能したとは言い難かった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

「最低の試合」とショックを隠せなかったハリルホジッチ監督。写真:山﨑賢人(サッカーダイジェスト写真部)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

改めて、プレーオフに回らなくて良かった、と記者席で胸を撫でおろした。

ハイチは今回、北中米&カリブ海地区のワールドカップ3次予選で敗れたチーム。仮に日本が大陸間プレーオフ(アジア地区の最終予選3位×北中米&カリブ海地区の同4位)に出場していればハイチ以上の“強豪国”と対峙していたわけだから、やはりプレーオフに回らなくて良かった。

もちろん、ハイチ戦の日本はベストメンバーではない。しかしだからといって、楽観視できるドローではなかった。親善試合とはいえ、2-0から追いつかれただけでなく、一時は2-3とひっくり返されたのだ。最終的に3-3で引き分けたが、勝ちゲームを勝ち切れなかった日本の勝負弱さはいかんともし難い。

正直、ハイチ戦は2-0から追いつかれた時点でアウト。しかも、再び勝ち越そうと大迫勇也、香川真司と攻撃のカードを切りながらも、逆に3点目を奪われてしまった。負けなかったとはいえ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督には失望のひと言だ。

勝負弱さとひと言で片づけていいかはさて置き、ニュージーランド戦を含めて今回の連戦では試合運びが下手だった。具体的には、立ち上がりから主導権を握るも、相手が日本のテンポに慣れてくると膠着状態になるというような傾向が見て取れたのだ。実際、長友佑都はハイチ戦後にこう感想を述べている。

「ニュージーランド戦後に監督も言っていましたけどね。立ち上がりはいいんだけど、点が入ったりとか、自分たちが良い流れの時に精神的に浮いてしまう癖というか、そういうものがチームとしてあるんじゃないかと思う。今日もそうだし、2点取った後に3点目を取りに行けばね、相手にとっては厳しい試合になっただろうし、たかが1点ですけど、その1点が大きいですよね。精神的に気を抜いてしまう、これくらいでいいんじゃないかなという部分があったのかもしれない」

倉田秋のヘッド、杉本健勇の左足ボレーで2点を先行して最高のスタートを切りながら突如として失速。長友の言うように「精神的に浮いてしまっていた」のなら、ハイチ戦の引き分けは油断が招いた失態。決して格下ではない相手に舐めてかかれば、痛い目に遭うのは当然。その意味で、ハイチ戦の日本は気持ちが入っていなかった。

元々強くない日本がそんなスタンスでは勝てるはずもない。ほとんど組織的ではなかったハイチに苦戦した事実を、監督、選手は重く受け止めるべきだろう。 ハイチ戦でなにより気になったのは、ゴールの奪われ方。いずれも組織というより個人技でやられた印象で、そこから見て取れたのが日本の限界だ。アンカーを置く現行の4-3-3ではどうしても、そのアンカーの両脇のスペースを狙われ、守備の局面で後手に回っていた。

アジアレベルではそうした弱点もあまり見えなかったが、「対世界」となった場合、果たして4-1-2-3システムは最適解なのか。改めて検証する余地があるだろう。

おそらく長谷部誠が戻ってきても、その両脇のスペースは狙われる。おそらくワールドカップの本大会では主導権を握れない日本が、それでも勝点3を目指すなら2ボランチで戦うべきなのではないのか。少なくとも、長谷部がいればどうにかなる、というスタンスは危険だろう。

ハイチ戦の3失点はすべて最終ラインやGKのせいではなく、中盤との連係のなさから招いたように映った。要するに、吉田麻也が不在かどうかはさして大きな問題ではなかったように思える。前半途中から組織的に戦えなかった日本が個の勝負でハイチに負けた、そういうことなのではないだろうか。

ハイチが教えてくれたのは、世界にはもっとフィジカルが強くて、組織的でなくても勝点を奪うチームがいるということだ。負けに等しいハイチとのドローを経て、そうした現実に気付けるか、そして、チームとしてひとつにまとまれるかは重要だ。香川もハイチ戦後にこう言っていた。

「チーム、監督と話して、よりよいものにするために徹底的に話していかないといけない。そこを曖昧にしてしまうと、本当に痛い目に遭う。今回も監督とは話をしました。選手同士もそうですけど、監督ともっと分かり合わないと。そのあたりの温度差というか、(いろんなものを)突き詰めていかないといけない」 その意味で小林祐希の存在はひとつの鍵になるかもしれない。自我を押し通すのではなく、あくまで監督、チームを意識してのコメントが見逃せなかった。

「俺としては、それ(タメを作れること)が特長。そこを見てくれるのは嬉しいんですけど、そのせいでプレーが遅いとか言われるかもしれない。俺は意識的に遅らせたのに、監督がそれを1個遅れてると思っていたら、それは“ズレ”。ただ評価するのは監督なので、なんとも言えないですね」

ハイチ戦で個人的にもっとも目を引いたプレーヤーが小林だった。CBから見える位置に顔を出し、そこでパスを受けると、わざとタメを作って味方が攻め上がる時間を稼いだり、あくまで前に局面を進めるプレーにこだわって攻撃を活性化しようとしたり、前線と最終ラインを結ぶ潤滑油というだけでなく、オフェンスにスイッチを入れる役割も積極的にこなそうとする姿勢は伝わってきた。

だからこそ、ハリルホジッチ監督の采配には疑問が残る。なぜ56分という比較的早いタイミングで小林を代えてしまったのか。失点に絡んだのは確かだが、2-0となるまで日本にリズムをもたらしていたのも彼だった。この日の采配に関しては、やはり失望しかない。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤
【日本代表PHOTO】2点を先行も崩壊し、ハイチと引き分けるのが精一杯…

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【U-17W杯速報】日本、ベスト8を懸けてイングランドと激突!
【△】やっぱサッカー日本代表FW本田さんの無回転シュートはスゴイぜ...と思わずにはいられない動画
久保建英、ベスト16での敗退「まだ悔しい」 U-17日本代表が帰国
久保建英「いつか見返す」東京五輪へ飛び級目指す
【AFC U-19女子選手権中国2017 ベトナム戦 ハイライト】宝田沙織がハットトリック、ヤングなでしこがベトナムから大量8得点で初戦を飾る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加