日中首脳会談 “対北”連携確認、安全保障や経済も

日中首脳会談 “対北”連携確認、安全保障や経済も

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/12
No image

動画を見る(元記事へ)

ベトナムを訪れている安倍総理大臣は中国の習近平国家主席と首脳会談を行い、北朝鮮への対応で緊密に連携していくことで一致しました。

安倍総理としては、北朝鮮に影響力を持つ中国を国際社会の包囲網に引き込む狙いがありました。
安倍総理大臣:「北朝鮮情勢が重要な局面を迎えるなか、中国が果たすべき役割は非常に大きい。日中の連携を深めていくことで一致できました」
また、安倍総理は、アメリカと中国の首脳会談について「経済的な圧力強化を含め、非核化に向けた努力で一致したことは有意義だ」と歓迎する意向を伝えました。一方、会談では日中関係の改善の兆候が見られました。安全保障の分野では、東シナ海での衝突を回避するための連絡メカニズムについて早期に運用できるよう協議を進めることで一致しました。経済では習主席が提唱する「一帯一路」の構想について改めて安倍総理が理解を示し、日中がビジネスの分野でも協力すべきという認識で一致しました。また、来年の安倍総理の中国訪問と、その後の習主席の日本訪問についても前向きに検討することで合意しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【所信表明演説】首相は憲法改正議論の前進訴えるも...課題は公明、自民党内にも火種
【報ステ】安倍総理、所信表明演説で子育て支援強調
立憲民主党、維新・足立議員に対する懲罰動議を提出
総選挙から1カ月 毎日新聞「首相『保育無償化』うそか」の迫り具合がすごい
「ものが言えていない」小泉進次郎氏が経済界に苦言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加