冬に効果的なジョギングの方法4選:目標や目安なども紹介!

冬に効果的なジョギングの方法4選:目標や目安なども紹介!

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2017/12/07
No image

1年のなかでも秋・冬は、体重が増えてしまう季節です。すでにもうその徴候が見え始めている方もいるのではないでしょうか。

増えてしまった体重を落とすためには、食事の量を制限し摂取するエネルギー自体を減らしたり、ジョギングなどで体を動かしエネルギーを消費したりする方法があります。

今回は、短い時間でもたくさんのエネルギーを消費してくれる、冬にもおすすめなジョギングの方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

冬におすすめなジョギングの方法

No image

準備運動はしっかりと

運動を始める前に行う準備運動は、怪我や事故の予防だけでなく、車でいう暖気運転のように、これから行う運動をスムーズにするという目的もあります。

冬は外気温が低くなるので、体が温まるのに時間がかかってしまうでしょう。体が温まった状態でないと、走り始めてすぐに息苦しさを感じたり、足がもつれるように感じたりするので、効率の良いジョギングができなくなります。

それを防ぐために、まずはストレッチや軽い体操で、体の中からしっかり動かすことが重要です。ストレッチや体操をする際は、なるべく薄着を避けるようにしましょう。

冬にジョギングをするときは、体が温かくなったら脱げるように着脱が簡単にできる服装で行うのがおすすめです。

はじめは週3回以上を目標に

ジョギングは、ウォーキングに比べると効果が高い分、体への負担が少しだけ大きい運動でしょう。そのため30分間走ったら、翌日は体が重い、翌々日は体のあちこちが痛いといった症状が現れ、気が付けば週に1回くらいしかできていないということがあります。

しかし、それでは減量の効果はほとんど現れません。運動をすることによって、筋肉をつけたり、血液の流れを良くしたりするなどの一時的な効果は得られますが、その効果は約48時間程度で、元の状態に近いところまで戻ってしまいます。

理想的なペースは1日おきの週3、4回です。体に運動スイッチが入った状態を保ちましょう。体力がついてきたら体の修復能力も高まるので、毎日のペースでもかまいません。

20分以上をキープする

ジョギングをし始めて最初の10分は、主にエネルギーとして使われるのは筋肉の中、または血液の中の糖分で、脂肪はあまり使われません。

そのため、10分程で走るのをやめてしまうと減量の効果は下がってしまいます。15分以上続けていくと、脂肪が使われるようになるので、まずは20分間続けられるペースで行うようにしましょう。

歩く速さで走る

普段からあまり運動をしていない人にとっては、20分間走ることもきついものです。しかし、ウォーキングよりもジョギングのほうが、体力の向上やエネルギー消費量の面でより高い効果が期待できるので、なるべく走ることを心がけましょう。

ジョギングを始める際におすすめなのは、まずは歩く速さで走ることです。ジョギングだと考えると、かなりゆっくりしたペースにはなりますが、ウォーキングとは異なり足を上げる動作が多いので、足の筋力アップにもなり、基礎代謝を増やすことにもつながります。

目安としは、人と笑顔で会話しながら維持できるペースでよいので、まずはそこから始めてみましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まだ迷っているあなたへ!指先を華やかに彩る“クリスマスネイル”はこれで決まり
大事な日の前日に♡バッチリ決めるマッサージ&スキンケア美容法
“色気パープル”メイクなら、ぐっとセクシーに! 話題のコスメ「セルヴォーク」で印象自在メイク♡
ボディメイクのプロに聞く、美尻をかなえる方法
自宅でホットストーンを。年末年始のマストバイな贅沢マスク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加