<チョコレート嚢胞体験談>「この痛みに耐えろと?」身も心もボロボロ。でも飲み続けなきゃいけなくて

<チョコレート嚢胞体験談>「この痛みに耐えろと?」身も心もボロボロ。でも飲み続けなきゃいけなくて

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2022/09/23

26歳のイヌさんは、夫のゴリラさんと結婚! 2人の時間を満喫していたのですが、ある日、おりものに血が混ざっているのを発見。不安に思い、病院を受診したイヌさんに言い渡されたのは、思いもよらぬ病名で……。

ホルモン剤の影響で激しいおなかの痛みに襲われて、急きょイヌさんは看護師さんが用意してくれた仮設ベッドで休むことに。そして、診察してくれた医師に告げられたのは、「卵巣の形が変わっている」という驚きの言葉で……!?

痛みと闘う日々

No image
No image

イヌさんは、排卵抑制と子宮内膜の増殖抑制の効果のある「ディナゲスト」というホルモン剤の服用を医師にすすめられ「手術日まで飲み続けてください」と言われていました。

No image
No image
No image
No image
No image

医師によると、横長に変形した卵巣がほかの臓器を圧迫していて、イヌさんを苦しめる激しい腹痛が起きている可能性があるのだそう。

しかし、これには耐えるしかないそうで ……痛み止めがあっても、地獄のような痛みと手術への不安を抱えながら、ホルモン剤を飲み続ける日々は、イヌさんにとって非常にしんどいものでした。

それでも、夫のゴリラさんの献身的なサポートのおかげで、イヌさんはなんとか手術日まで耐えることができたのです。ひとりでは前向きな気持ちになれないとき、弱音を吐き出せる相手がいるだけで心がラクになりますよね。

監修/助産師 REIKO

前回の話:「変形しています」えぇ!?おなかの中がまさかの事態に…? #チョコレート嚢胞 8

関連記事:「突然ですが告白します」おなかにできた消えない傷。そのワケは… #巨大卵巣嚢腫ができた話 1

イヌさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

著者:マンガ家・イラストレーター イヌ

26歳のマンガ家。ブログやSNSなどで夫・ゴリさんとの日々を絵日記で綴っている。ブログ【イヌさんの絵日記】では「新婚なのにチョコレート嚢胞になりました」を連載中。

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加