【エプソムC】ファルコニア 坂路単走でラスト伸び満足、高野師「最後はいい反応」

【エプソムC】ファルコニア 坂路単走でラスト伸び満足、高野師「最後はいい反応」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

条件戦連勝でオープン入りを決めたファルコニアは坂路単走。力強くウッドチップを蹴り上げ、4F52秒6~1F12秒2を刻んだ。

No image

<エプソムC追い切り>坂路で追い切るファルコニア(撮影・亀井 直樹)

高野師は「単走で精神的に伸び伸びと走らせた。最後の1Fは仕掛けて、いい反応でした」と納得の表情。左回りは4走前の神戸新聞杯16着(中京)以来となる。「同じ左回りでも中京と違って東京は合いそう。自分のリズムで走れば位置取りはこだわらない。スタートを決めたいですね」とポイントを挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加