佐藤寿人が選ぶ日本人FWベスト5。「あのシュートは何度もマネした」

佐藤寿人が選ぶ日本人FWベスト5。「あのシュートは何度もマネした」

  • Sportiva
  • 更新日:2021/02/21

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』

2月26日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今年のサッカー観戦が面白くなる、熱くなる記事を随時配信。さまざまな視点からJリーグの魅力を猛烈アピールする!

◆佐藤寿人にあった「幻の移籍話」の真相

昨シーズン限りで21年間の現役生活に幕を下ろした佐藤寿人。歴代トップとなるJリーグ通算220得点を記録したレジェンドストライカーは、現役時代から多くの試合をチェックしてきた「Jリーグウォッチャー」としても名を馳せる。そんな佐藤が、Jリーグ史において最も優れていると思うストライカーとは誰か? 自身の経験と知見をもとに、最強の5人を選んでもらった。

No image

佐藤寿人氏が選んだ5人の日本人ストライカーとは?

【1】大久保嘉人

J1で一番点を取っていることがすべてですね。嘉人はヴィッセル時代に2列目をやっていた時期もありますけど、純粋にストライカーとしてプレーし続けていれば、とっくにJ1で200ゴールは取っていたと思います(現在185ゴール)。

やんちゃな性格で、プレーも本能的なタイプだと思われていますけど、実は嘉人はサッカーIQがかなり高い。プレーを見ていると、そうとう頭を使っていることがわかります。

ゴールを奪うために、どうやって動き、どうやって味方とプレーを共有していくのか......。オフ・ザ・ボールの動きに注目すると、嘉人の頭のよさがわかると思いますよ。

もちろん、彼の場合は自らの力でシュートを打つ空間やタイミングを作れるけど、味方とそれを作り出して決めることのほうが多い。だから、連動性を求められたフロンターレで、あれだけ点を取れたんです。

シュートのパンチ力もあって、ゴールのパターンも豊富。僕とは全然タイプが違うので、うらやましい部分もあります。3年連続得点王(2013年〜2015年)なんて、普通できませんよ。間違いなくナンバーワンのストライカーでしょう。

【2】興梠慎三

プレースタイルが好きですね。僕も慎三も「ミシャチルドレン」ですから。ふたりともミハイロ・ペトロヴィッチ監督の指導を受けて、よりストライカーとして結果を出せるようになった。僕もそうですけど、慎三もミシャの指導を受けてなければ、ここまで点を取れる選手にはなれていなかったと思います。

若い頃は2列目のようなタイプの選手でしたよね。間で受けて、ターンして、前を向くプレーがうまかった。そこを特長にプロの世界に入ったと思うんですが、アントラーズで学んで、レッズで開花した。その意味では、遅咲きの選手なのかもしれません。

慎三の場合は、点も取れるけど、起点となるプレーもできる。身体が強いというよりも、使い方がうまいんですよね。そんなに大きくないのに、あれだけボールが収まるのはすごいと思います。

でもやっぱり、一番の強みは得点を取れること。常にゴールを意識して、プレーの優先順位を判断していると思います。だから、いいポジションを取れたり、いいところに入っていける。味方の特徴を理解して、ボールを呼び込むことができるんです。あとは、背中を取る動きにも長けていますね。

J1通算得点数も今年中に抜かれるんじゃないですか。僕が161で、慎三が157なので、あと4点。抜かれたくない? いや、抜かないといけないでしょう。それに、抜かれる時にまた僕の名前がメディアに出てくるので、ぜひがんばってもらいたい(笑)。

(記録を抜いてくれる選手は)慎三のあとは(小林)悠くらいかな。若い選手はどんどん海外に行っちゃうので。慎三や悠が、国内でプレーし続ける最後の世代なんじゃないでしょうか。

【3】中山雅史

ゴンさんは、ゴールを奪うヒントをたくさんくれた人。当時のジュビロが強くて、いいパサーがたくさんいたからゴールが取れたと思っている人もいるかもしれないですけど、そうじゃなくて、あれはゴンさんがボールをしっかりと呼び込んでいたから。

もちろん、シュート技術も高かった。そうじゃなければ、あれだけの数字は残せません。

プロの世界に入ってすぐの頃、同期のアベちゃん(阿部勇樹)がゴンさんのプレーに驚いていたことを覚えています。「全然、掴めない。常にいい位置でシュートを打たれちゃう」って。プロに入りたての選手にとって、衝撃的だったんでしょう。

僕は直接マッチアップしたわけではありませんが、ボールの呼び込み方や合わせ方、身体の使い方というのは、たくさんのゴールシーンから学ばせてもらいました。泥臭いイメージですけど、僕は単純にうまい選手だと思っていました。シュート技術や判断のところは、マネしようとしても、なかなかできなかったですね。

だから、ゴンさんが持っていた当時のJ1通算得点記録を超えられた時は、忘れられない瞬間でした。157点を超えられるとは思ってなかったし、絶対に無理だなと思っていたので。実際にあと1点がなかなか取れなかった。

僕にとってゴンさんは、それだけ偉大な存在でした。

【4】高原直泰

一番、衝撃を感じた選手ですね。代表で一緒にやった時に、エースとはこういう人のことを言うんだと教えられた気がします。苦しい時にタカさんのゴールで雰囲気がガラッと変わる。

とくにすごかったのは、2007年のアジアカップ。何度、タカさんがチームを救ってくれたことか。それこそ、2006年ワールドカップの前にもドイツ相手(親善試合/2006年5月30日)にゴールを決めたりして、世界を相手にも十分に通用していましたから。

コンディションがうまくハマっていれば、ワールドカップでもタカさんのすごさをもっと世界に発信できたのかなと。そこはちょっと残念でしたね。

具体的に何がすごかったかと言えば、もうすべてですね。ボールの受け方、身体の使い方、シュートの技術、勝負強さ......。ストライカーに必要なものをすべて備えていました。

だから、できればクラブでも一緒にやってみたかった選手。同じチームだったら、ピッチレベルでもっといろんなことを学べたのかなと思います。

【5】三浦知良

最後は、やっぱりカズさん。子どもの頃からのアイドルですから。

初めて見たのは、まだ読売クラブの頃。24番をつけていたカズさんを見てかっこいいなと。そこからヴェルディになってカズさんが11番になったので、僕も11番が好きになりました。

カズさんはゴールだけじゃなくて、魂を感じる選手。やることすべてがかっこよかった。小学校の頃は、僕もカズダンスを踊ってましたね(笑)。

ちなみに、僕がセレッソに行った時の背番号が24番だったんです。11番に空きがなかったので24番になったんですが、カズさんの番号だと思いながらプレーしていましたよ。

◆欧州でプレーする姿が見たかった。海を渡らなかったJリーガーたち>>

印象に残っているのは、1994年ワールドカップ・アジア1次予選のタイ戦(1993年4月8日)で決めたゴール。小刻みにステップを踏んで浮き球のパスに合わせて、左足を振り抜いたシュートです。あのシュートがかっこよくて、何度もマネしましたね。それと同じようなシュートをサガン鳥栖戦で決めた時はうれしかったですね。子どもの頃の練習の成果を大人になって出せました(笑)。

カズさんには、今でも会ったら緊張します。カズさんは毎年グアムで自主トレをしていますが、僕もグアムで自主トレをする時期がありました。

その時にカズさんと一緒にトレーニングすることもあって、よく話をしましたね。当時はサンフレッチェが優勝をしていた頃だったんですが、「どういう練習してるの?」って聞いてくるんです。あれだけキャリアがあるのに、それでも貪欲に吸収しようとしている。その姿勢には驚かされましたね。

あの年齢で選手としてやっているのもそうですけど、選手としてピッチに立つまでの努力が何よりすごいこと。すべてにおいて一切、妥協を許さず、サッカー選手のための生活サイクルを送っているんです。

辞めたほうがはるかに楽だし、稼げるでしょう。それでも、選手であり続けようとしている。普通は無理ですよ。あの生活を続けるのは。信じられないし、かっこよすぎます! まさか、僕が先に辞めることになるとは......。

原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加