【野球殿堂】高津臣吾氏86・1%の高得票率 山本昌氏2年目で選出

【野球殿堂】高津臣吾氏86・1%の高得票率 山本昌氏2年目で選出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/14
No image

野球殿堂入り通知式に出席した、前列左から山本氏、ヤクルト高津監督、野球殿堂博物館の斉藤理事長、東海大の山田学長、後列左から古田氏、巨人原監督(代表撮影)

球界の功労者をたたえる「2022年野球殿堂入り」が14日、野球殿堂博物館から発表され、オンラインで通知式が行われた。

選手としての貢献を表彰するプレーヤー表彰では、現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、プロ野球史上最年長の49歳で勝利を挙げた元中日山本昌氏(56)が殿堂入り。プレーヤー表彰は19年の立浪和義氏以来、3年ぶりの選出となった。

◆競技者表彰の選考経過◆

プレーヤー表彰では高津氏が資格7年目、山本昌氏が同2年目で殿堂入りを果たした。過去2年連続最多得票だった高津氏は52票を上積みし、86・1%の高得票率を獲得。現役監督の殿堂入りは18年の金本知憲氏以来8人目、大リーグ経験者としては野茂英雄氏、佐々木主浩氏、松井秀喜氏に続く4人目だ。

山本昌氏は有資格初年度の昨年、いきなり高津氏に次ぐ票を獲得し、順調に票を伸ばして当選した。資格2年目の殿堂入りは島岡吉郎氏、広岡達朗氏、稲尾和久氏、山内一弘氏、そして09年の若松勉氏以来、6人目だ。来年に目を向けると、今年得票率57・9%のアレックス・ラミレス氏、50・7%の川相昌弘氏、資格初年度で得票率45・7%の165票を獲得した黒田博樹氏、昨年度より30票近く伸ばして167票を獲得した谷繁元信氏が殿堂入りを視野に入れた。

エキスパート表彰者は2年連続して当選者なし。最大得票者はランディ・バース氏で、得票率72・6%の106票。殿堂入りにわずか4票足りなかった。昨年は当選まで6票足りず、2年連続して、あと1歩のところで殿堂入りを逃している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加