世界で通用する資格とは?特別企画「資格からキャリアを考える1カ月」10月17日より開催へ

世界で通用する資格とは?特別企画「資格からキャリアを考える1カ月」10月17日より開催へ

  • U-NOTE
  • 更新日:2021/10/14

多くの企業で「グローバル化」が叫ばれる中、個人の能力も「グローバル化」していく必要があるといいます。では、世界で通用するための能力を身につける手段として、一体どのような方法があるのでしょうか?

キャリア支援プラットフォーム「Liiga」は10月17日(日)より、特別企画「資格からキャリアを考える1カ月~国際資格でキャリア機会を拡大する~」を開催します。

「海外でも活かせるキャリア形成をしたい」と望む人に必要な資格を、種類ごとに解説していきます。

グローバルに通用する資格とは

MBAやUSCPA、さらにはTOIEC。「必要な資格」とは聞くけれど、グローバルの地でどのように活用していけるのか、わからない人も多いのではないでしょうか。

今回は、さまざまな資格の「実用性」を紹介し、個人が具体的にどのようなキャリアを歩むことができるのか、学び得ることができます。

多くの資格がある中で「世界でも本当に通用する資格」が理解できるので、最短でのグローバルキャリアの形成に挑むことが可能となるでしょう。

グローバルに活躍できる人材へ

昨今、多くの市場が日本から世界へと移り変わっています。取り残されないためにも、世界が求める最新の資格を取得し、国際社会で活躍していきたいですよね。

「今以上に自分の能力を開花させたい」「グローバルの地に踏み出してみたい」と考えている人などは、この機会を活用してみてはいかがでしょうか。

【講座内容・スケジュール】

■経営学修士号(MBA)

日時:10月23日(土) 13:00~15:30

講座内容:「University of Massachusetts MBA卒業生パネルディスカッション なぜ米国MBAなのか?」

日時:10月29日(金) 18:30~21:00

講座内容:「MBA流データ統計入門 意思決定に必要なデータ分析」

■米国公認会計士(USCPA)

日時:10月17日(日)16:30~18:00

講座内容:「意思決定のためのファイナンス 基礎から解説」

■経営管理・ガバナンスの資格(CIA・CISA・CFE)

日時:10月24日(日)16:30~18:00

講座内容:「経営に関わるひとが知っておくべきガバナンスの基礎知識」

■IFRS検定(国際会計基準検定)

日時:10月23日(土)13:00~14:30

講座内容:「IFRSの要諦を掴む基礎講座」

■Finance Transformation Certificate Program

日時:10月31日(日) 13:00~13:45

講座内容:「米国公認会計士協会・KPMG共同開発のファイナンス・トランスフォーメーション修了証取得プログラム」

■TOEIC

日時:10月24日(日) 13:00~14:00

講座内容:「TOEICハイスコアを目指すための最短攻略法~キャリアアップ成功事例から学ぶ~」

※申込方法等の詳細についてはプレスリリースをご確認ください。

綱嶋直也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加