ソフトバンク快勝 5連敗でストップも...負傷降板の千賀が心配

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07

「日本ハム0-7ソフトバンク」(6日、札幌ドーム)

ソフトバンクは、投打がかみ合い快勝。連敗を5で止めた。

今季初登板だった先発の千賀は六回途中まで3安打無失点の好投を続けていたが、左足を負傷し降板した。だがその後も、盤石の継投で日本ハム打線を封じ込み、寄せ付けなかった。

打線は14安打を放つなど爆発。立ち上がりから相手先発の池田を攻略した。初回に先頭の周東が左前打で出塁すると今宮の犠打、柳田の中前適時打であっさりと先制。さらに2死二塁で栗原が右翼席への2ランでリードを広げた。その後も小刻みに得点を重ね、八回には松田が今季1号ソロを放った。

日本ハムは今季2度目の完封負けで、またしても本拠地初勝利はお預け。7試合連続で白星をつかめなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加