関西スーパー H2Oとの経営統合の差し止め決定を不服 神戸地裁に保全異議の申し立て

関西スーパー H2Oとの経営統合の差し止め決定を不服 神戸地裁に保全異議の申し立て

  • 読売テレビニュース
  • 更新日:2021/11/26

関西スーパーは、エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)との経営統合の手続き差し止めを命じた決定を不服とし、神戸地裁に保全異議の申し立てを行った。

関西スーパーの臨時株主総会では、H2Oとの経営統合案が可決されたが、集計に疑義があるとして、関西スーパーの買収を目指す首都圏のスーパー「オーケー」が差し止めを求める仮処分を申請。神戸地裁は22日、「決議の方法に法令違反または著しい不公正がある」として、申し立てを認めた。

一方、関西スーパー側は、差し止めの決定を不服とし、24日、神戸地裁に保全異議申し立てを行った。

関西スーパーは、今後の対応について「引き続き総会の適法性及び公正性を明らかにしていく」としている。

読売テレビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加