オリックス、優勝マジック「2」 20日勝利で本拠地V3達成!

オリックス、優勝マジック「2」 20日勝利で本拠地V3達成!

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/09/19
No image

六回、代打で適時打を放ったオリックスのレアンドロ・セデーニョ=京セラドーム大阪(撮影・沢野貴信)

(パ・リーグ、オリックス3-2ロッテ、21回戦、オリックス13勝6敗1分、19日、京セラ)優勝マジック「4」のオリックスが2位ロッテとの直接対決で1点差勝利。20日の22回戦に勝てば、本拠地で3連覇となる。7回1失点の東晃平投手(23)が球団新記録のデビューから無傷の7連勝を記録した。八回は阿部翔太投手(30)、九回は平野佳寿投手(39)がソロを浴びたものの、最後は1点差を守った。攻撃は一回1死から2安打と四球で満塁とし、マーウィン・ゴンザレス内野手(34)の三ゴロ併殺崩れの間に先制。さらに2死一、三塁から杉本裕太郎外野手(32)の左越え二塁打で2点目を加えた。六回には1死二、三塁で宗佑磨内野手(27)が右膝への自打球で交代。代打で登場したレアンドロ・セデーニョ内野手(25)が中前に運んで、3点目を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加