「パニック!アット・ザ・ディスコ」が解散

「パニック!アット・ザ・ディスコ」が解散

  • THE RIVER
  • 更新日:2023/01/25
No image

人気ポップロックバンドのパニック!アット・ザ・ディスコ(Panic! at the Disco)がバンドの公式SNSにて解散を発表した。パニック!アット・ザ・ディスコは2004年結成、アメリカ出身のバンド。フォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツの目に留まり、2005年のファースト・アルバム『A Fever You Can't Sweat Out(フィーバーは止まらない)』でデビューすると一躍人気バンドとなった。以来、メンバーの交代や脱退などを繰り返し、現在まで活動を続けていた。映画『グレイテスト・ショーマン』(2017)楽曲の公式カバー曲も話題を呼んだ。

バンドによると、フロントマンのブレンドン・ユーリーが妻サラとの間に子を設けたことで、家庭に集中したいための活動終了だという。

この投稿をInstagramで見る

バンドは2023年で活動19年を迎える。3月10日(現地時間)の英マンチェスター公演を最後に解散となる。

中谷 直登

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加