NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
東海大相模8強、石田6回0封も「球もいってなくて良くなかった」/神奈川

東海大相模8強、石田6回0封も「球もいってなくて良くなかった」/神奈川

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

東海大相模対藤嶺藤沢 力投する東海大相模先発の石田(撮影・鈴木正章)

<高校野球神奈川大会:東海大相模6-0藤嶺藤沢>◇22日◇5回戦◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか

甲子園春夏連覇を目指す東海大相模は、エース石田隼都投手(3年)が6回無失点と好投し、ベスト8進出を決めた。立ち上がりから伸びのある直球を軸にテンポのいい投球を披露。4四死球と制球に苦しむ場面もあったが、6回を119球、3安打7奪三振で勝利を引き寄せた。

左腕は「あんまり球もいってなくて良くなかったんですけど、そこで0点に抑えられたのは良かったと思います」と振り返った。

打線は3回までに6得点も、4回以降は無得点。門馬敬治監督(51)は「よくない。公式戦だから勝てばOKなんだけど。4回、5回のところあたりからね。野球が、相模の野球じゃなくなってるね」と厳しい表情。「(投手は)純粋にバッターに向かっていかなきゃ。バッターは相手のピッチャーに向かっていかなきゃいけない。この1対1の勝負が、その積み重ねが勝負を分けていく。その野球の原点というか勝負の原点かな。そこが薄れていたように感じます。今日の試合は」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加