加湿器の種類は4タイプ。それぞれの違いと正しい選び方を紹介!

加湿器の種類は4タイプ。それぞれの違いと正しい選び方を紹介!

  • ママテナ
  • 更新日:2021/11/25
No image

空気が乾燥する季節になると、加湿器が欠かせないという方も多いのでは?ただ加湿器とひと口に言ってもリビングに置くような大型のものから卓上用のものまで。実は加湿器の種類は4タイプあり、加湿方式や、購入費用・電気代・衛生面などが異なります。それぞれの特徴や正しい選び方を、家電エキスパートの田中真紀子さんに解説いただきます。加湿器選びに悩んだら、ぜひ参考にしてください。

まずは知っておきたい、加湿器選びのための基礎知識

No image

ひと口に加湿器と言っても、種類はさまざま。価格帯も数千円から数万円までと幅広く、何が違うのか疑問に思う声も聞こえてきます。加湿器を選ぶ際は、加湿方式ごとの特徴を見極めることが大切。もちろん、部屋の広さに合った加湿量を選ぶことも忘れてはいけません。

加湿方式は主に4タイプ。特徴を見極めてチョイスを

加湿器の加湿方式を大別すると、「超音波式」「スチーム式(加熱式)」「ハイブリッド式(加熱気化式)」「気化式」の4タイプ。水を空気中に放出する方法ごとに分類されますが、それぞれ衛生面や電気代、価格といった点でメリット、デメリットがあります。各方式の違いは後述するので、使い方などと合わせて選ぶようにしましょう。

部屋の広さやタイプに合わせて加湿能力を決める

加湿方式だけでなく、加湿できる能力も製品によって異なる加湿器。加湿能力は、一般社団法人日本電機工業会の規格により、「室温20℃、湿度30%時に、1時間あたりで放出できる水分量mL/h(ミリリットルパーアワー)」で表されます。また、この加湿能力に応じた、「加湿可能な広さの目安(適用床面積)」も定められています。加湿能力・適用床面積は、気密性が高いお部屋を想定したプレハブ洋室と、気密性の低いお部屋を想定した木造和室の2パターンがあります。

例えば、8畳の和室で使用する場合、木造和室の適用床面積が8畳(14㎡)以上の加湿器を選びましょう。使用場所よりも適用床面積が狭い場合、常にフルパワーで運転しても、最適湿度(相対湿度40~60%)まで到達しない可能性があります。吹き抜けなど天井高が2.4m以上の場合も、ご使用場所よりも適用床面積が広いものを選びましょう。

給水やお手入れのしやすさも要チェック

乾燥する季節にはほぼ毎日使うことから、使い勝手の良さも注目すべきポイントです。たとえば水タンクは、容量が小さいとたびたび水を入れなくてはならず、面倒に思うことも。かと言って大きければ満水時に重くなり、持ち運びが大変になる可能性があるので、どちらを重視するか考えて選びたいですね。

また、給水時にタンクを取り外して水道まで持っていくか、取り外さずに上から注ぐかといった給水方式の違いもあるほか、加湿トレーの形状や加湿フィルターの素材などでお手入れのしやすさも変わってきます。さらに、清潔さを保つ除菌性能なども備えていると便利なので、事前に確認しておくと良いでしょう。

【パナソニック製 加湿機用 各種フィルター】

加湿フィルターの「汚れの落ちにくさ」、「加湿能力の低下」、「強いにおい」が気になってきたら、加湿フィルターごと交換することをおすすめします。加湿フィルターを購入される際は、加湿機本体品番と対応しているか、加湿フィルターの形がどうなっているかを確認するようにしてください。

*パナソニック製以外の加湿機や加湿機本体品番と対応していないフィルターは使用できませんので、ご注意ください。

加湿しすぎにはご用心

また、加湿はただやみくもにし続ければよいというものではなく、最適湿度を維持することが大切です。空気中に気体として含むことのできる水分量は気温に応じて決まっていて、気温が低いほど、空気中に含むことのできる水分量は少なくなります。そのため加湿しすぎると、室内の気温よりも低い温度のところ(外気によって冷やされた窓ガラス等)に余分な水蒸気が水滴(結露)として発生します。

過度な加湿はカビ・ダニの発生原因となったり、家の建材を傷めることにつながりかねないため、人や家屋にとって快適どころか逆効果となってしまいます。お部屋の湿度が低いときはしっかり加湿し、空気が水分で満たされたら自動で加湿量を調整してくれる自己調湿機能があれば過加湿を防いでくれます。加湿器の各方式の特徴については後述しますが、気化式やハイブリット式ならこの自己調湿機能を備えた機種があります。

振動で水をミストに変える「超音波式」の加湿器

続いては、主に4タイプある加湿方式について。超音波式加湿器から順にご説明しましょう。

超音波式加湿器の仕組み

No image

超音波でミスト(霧)を発生させる技術を使った方式です。超音波の振動が水面に伝わると水面の一部分が隆起し、微細なミストが発生。このミストにファンで風を当て、空気中に拡散することで部屋の加湿を行います。ヒーターを搭載しないシンプルな構造で、さまざまなメーカーが参入しているのも特徴です。

超音波式加湿器のメリット・デメリット

メリット:

ヒーターを搭載していないため本体が熱くならず、室温に影響を与えません。本体価格が安く、電気代も控えめ。また、コンパクトで設置しやすいほか、デザイン性の高いモデルが多いのもうれしいポイント。ディフューザーのようにアロマオイルを入れ、香りを楽しめるモデルもあります。

デメリット:

水蒸気ではなく水の粒子として放出するので、手入れを怠り、タンクやトレー、フィルターに雑菌を繁殖させてしまうと、そのまま水滴に載せて雑菌を空中に放出される可能性があります。

水の粒子が大きいため、壁紙やカーテンなど周囲にあるものを湿らせたり傷めたりする場合も。水滴が落ちて床が濡れて滑りやすくなるリスクもあるほか、空気が含める水分限界量に関係なく加湿し続けることができるため、過加湿にもつながりやすくなります。また、水滴が乾いた箇所にカルキだけが残って白い跡になってしまうこともあります。

電気代の目安は?

消費電力は製品によって異なりますが、平均すると20W〜25W程度。これを1kWh=27円で換算した場合、1時間あたりの電気代は約0.5円と安価です。

こんな方におすすめ

毎日こまめにお手入れできる方

手ごろな価格で購入したい

場所を取らずに使用したい

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加