井上尚弥がラスベガスでPCR検査を受けて陰性「第一関門突破」/BOX

井上尚弥がラスベガスでPCR検査を受けて陰性「第一関門突破」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

病院でボクシングファンの看護師(右)に、サイン入りTシャツをプレゼントする井上尚弥(大橋ジム提供)

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=が10日(日本時間11日)、防衛戦(19日=同20日、米ネバダ州ラスベガス)に向けて現地でメディカルチェックに臨んだ。IBF1位のマイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=の挑戦を受ける。

午前中に病院で目の検査と血液検査を受け、午後はトレーナー陣と一緒にPCR検査を受けた。井上は自身のSNSで「PCR検査は皆陰性でした。第一関門突破!!」と報告した。病院ではボクシングファンだという看護師に、サイン入りTシャツをプレゼントする場面もあった。

当初はPCR検査後に、契約する米興行大手トップランク社のジムで渡米後初のジム練習を行う予定だった。しかし、時差ぼけの影響で前夜に眠れなかったため、予定を変更してホテルで仮眠。その後、ホテルのジムで軽く汗を流したという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加