千葉沖で貨物船が傾斜 横須賀海保、乗組員5人全員救助 「コンテナが荷崩れ、転覆しそう」と通報

千葉沖で貨物船が傾斜 横須賀海保、乗組員5人全員救助 「コンテナが荷崩れ、転覆しそう」と通報

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2022/05/14
No image

14日午前3時35分ごろ、千葉県南房総市の野島埼灯台の南西約13・5キロ沖合を航行中の貨物船「めいせん2」から「コンテナが荷崩れし、船体が約15度傾いている。転覆しそうだ」と118番通報があった。

横須賀海上保安部によると、その後、傾斜は約45度に悪化したという。駆けつけた巡視船が午前10時前、乗組員の5人全員を救助した。

乗組員5人は日本人で、貨物船の船籍は香川県。大きさは長さ72・49メートルで、総トン数499トン。茨城県から大分県に向かっていた。船体に損傷や油の流出はない。

海保は巡視船など5隻を急行させたものの、波と風が強く救助に時間がかかっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加