オリエント、1964年ダイバーズが甦る「ダイバー1964 2nd エディション」

オリエント、1964年ダイバーズが甦る「ダイバー1964 2nd エディション」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

エプソン販売は7月5日に、「オリエント」ブランドの腕時計として、「Orient Star」スポーツコレクションの新作となるダイバーズウオッチ「ダイバー1964 2nd エディション」(2モデル)を発売する。価格はいずれも154,000円。

グランドセイコー「エボリューション 9 コレクション」から5本の新作

ダイバー1964 2nd エディションの原形は、1964年発売のダイバーズウオッチ「カレンダーオートオリエント」だ。このカレンダーオートオリエントは、ドットインデックスのミラーブラックダイヤル、高い視認性の針、アルマイトリングを組み込んだ回転ベゼル、シャープなラグ形状といった要素がポイント。2021年11月には「ダイバー1964 1nd エディション」が発売されており、今回の新作はそれに続くもの。

カレンダーオートオリエントのヘリテージデザインを再現しつつ、ねじ込み式りゅうず、スクリューバック、無反射コーティングの両球面サファイアクリスタルといった強化を施したほか、ISOのダイバーズウオッチ既定(6425)に準拠した200m空気潜水用防水になっている。

ラインナップは、ブラックとグリーンの2モデル。ブラックモデルは、オリジナルのカレンダーオートオリエントを踏襲するカラーリングで、ミラーブラック仕上げのダイヤルや同系のベゼルがスポーティかつドレッシーな印象を与える。普段使いもしやすい1本だ。

一方のグリーンモデルは、マットなグリーンでダイヤルやベゼルを仕上げている。ダイヤルはグラデーションカラーとなっており、グリーンとブルーの中間的な色使いが見どころだ。このグリーンは、岩手県の鍾乳洞「龍泉洞」で輝く水の色(ドラゴンブルー)をイメージしている。

ケースとバンドの素材はステンレススチール(SUS316L)、ケースサイズは縦49.6×横41×厚さ14.5mm、風防は無反射コーティングの両球面サファイアクリスタル、防水性能は200m。交換用のシリコンバンドが付属する。

自社製の自動巻き機械式ムーブメント「キャリバー F6N47」のパワーリザーブは50時間以上。時刻とカレンダー表示のほか、パワーリザーブインジケーター(12時位置)を備える。

林利明

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加