マツコ、圧倒的に嫌いなタイプは「言葉遣いが悪い男」

マツコ、圧倒的に嫌いなタイプは「言葉遣いが悪い男」

  • めるも
  • 更新日:2020/10/20
No image

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

10月12日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが『食べ方が汚い男と言葉遣いが悪い男、絶対に無理なのはどっち?』との質問に「圧倒的に言葉遣いが嫌だ」と具体例をあげつつ語った。

マツコ「好きだったら食べ方は気にならない」

番組では、With onlineが今時のアラサー女子から集めた『結婚したくない!絶対に無理なのはどっち?「食べ方が汚い男」と「言葉遣いが悪い男」』というアンケート結果を元にトークを展開。女性らは『生活に欠かせない食事の時間が苦痛になる』などの理由から「食べ方が汚い男無理派」が58%。『人に紹介するのに言葉遣いが悪いのは困る』『モラハラにつながる』の理由から「言葉遣いが悪い男無理派」が42%であった。

意見を求められたマツコは「好きな男だったら食べ方は全く気にならない。どんなに汚い食べ方してても好きだったら可愛いって思える。だから私は圧倒的に言葉遣いが嫌だ。特に嫌なのは店員さんだったり、そういう人に対してちょっと気を抜いた時に『いやだからさぁ』とか、そういうの(横柄なところ)がポロっと出ちゃう人とかいるじゃん。ああいうのが一気に冷める」と食事のマナーより性格に問題がある方が嫌だと言及。

続けて「別に食べ方だったらもう志村師匠のスイカの喰い方ぐらい食べても全然平気!」と故・志村けんさんの定番ネタ“スイカの早食い”を例にあげ一同を笑わせた。またMCのふかわりょうが「食べ方の中ではわりとクチャクチャ(咀嚼)音をたてるのは割と苦手な人多いと思いますけど、そういうのは好きな人なら大丈夫ですか?」と質問。これにマツコは「可愛かったらむしろ逆に超好きになる!」と興奮。

また『言葉遣いが汚い男』もしくは『言葉遣いにウルさい男』の2択に対しては「ウルさい男の方が圧倒的に嫌だ。神経質なのは可愛いと思う部分もあるんだけど、全部指摘してくるタイプの人とかだったら、ずっと指摘されてるぐらいだったら、ずっと罵声を浴びせられてる方がまだマシ」と答えていた。

(めるも編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加